ゆうゆうコミュニティ伊豆高原: 2011年2月アーカイブ

高原クラブ職員.JPG クラブ1.JPG  

 

 

 

 

 

 

雛の前.JPG

売店.JPG

            E・H様 104回目のお誕生日を迎えられました!

毎日、高原倶楽部で体操をしたり、本を読んだりして過ごされています。職員とふざけたり、おどけてカメラにポーズもとってくれます。

 

祈りの棟前.JPG 散歩でK様夫妻と.JPG

 お散歩大好き。里内をお花を見ながら散策していると、皆さんから声を掛けられます。「Eさん104歳のお誕生日なんです」と職員が言うと、K様ご夫妻お年を聞いてびっくり!「お元気でお過ごし下さい」

ゆっくり車いすを押していると、「遅いわね、もう少し早くていいわよ!」と元気なお言葉をいただきました。私たちの誇りでアイドルのE・H様いつまでもお元気でお過ごし下さい。 職員一同

散歩内山職員.JPG 事務所.JPG

花びら.JPG    河津川.JPG  

 

  

かじやの桜O.JPG     

   津桜とつるし雛ツアー

  桜は5~6分咲き、つぼみも一緒に、楽しめて  良いお花見でした。<入居者 Y・S> 

  お天気が良くて 「私たちの心がけがいいかしら?」 「職員の心がけかしら?」 本当に良いツアーでした<入居者 O・M>

  私たちの方がイケてるわよ!まだまだ花には 負けてないわ! <女性参加者 (笑)>

N様ご夫妻.JPG 雛の館前.JPG                                

  雛飾り.JPG

つるし飾り.JPG

 

 

吊るし雛.JPG 雛とつるし.JPG   

 

 

   

 

稲取「雛の館」に入ったとたん

「わーすごい!」の歓声。狭い建物の中にぎっしりと、色々な雛のつるし飾りがあり、時代に乗った飾りもありました。

「でも、買うと高いのね~ やっぱり、自分で作ったほうがいいわ」   <入居者 I・Y>

そうですね。体験教室で作った「うさぎ」に又仲間が増えるといいですね!(生活サービス課) 

河津桜.JPG   

 5年前に「河津桜」を購入した時は1メートル位でした。

昨年より少し咲き始め、今年はこんなに大きくなって沢山咲いてくれました。

 一人で部屋から見てるのは、もったいないですもんね!         

嬉しくて誰かに見てほしくて、職員に声掛けました。

 

 

密を吸うめじろ.JPG 

                              

 

 めじろとヒヨドリが毎日蜜を吸いにくるんですよ。

              <入居者 H・K>

 

 

ばら.JPG

  

ちょっと、不思議な事を聞きました...

 

このバラ、昨年は黄色だったんです。

でも、桜の下に咲いていて、今年はピンク色\(~o~)/そんな事あるんですね!?

ビックリしました

          (生活サービス課 藤原)

 

 

山焼き.JPG

  お天気が心配の中、毎年恒例の春を告げる「大室山山焼き」

花火の合図でスタート!

 

 

 

 

 

                                     

黒煙.JPG 

 霞んだ空に、高く黒煙が登ります

 

 

 

 

 

 

 

後からも.JPG

 毎年20分位で、あっとゆう間に焼けるのに、今年は雪や雨の影響もあり、ゆっくりゆっくり焼け、後からも火が迫ってきました。

 

 

 

 

 

 

空が.JPG 

 大室山の上の空が、ぽっかり開いているように丸くドーム型になっています!

 

 

 

 

 

 

 

まだら焼け.JPG 今年は、1時間以上かかりました。まだ残っているとこもありますね。

霞んで、きれいな映像を紹介できなくて残念です...

外の風は冷たくて、終わる頃には又雨がポツポツと降ってきました。

ちょっと寒い「春を告げる大室山山焼き」 でした。 ハックション!失礼しました‥

 

          (生活サービス課 藤原)

   

 

 

天城連山.JPG 

 連休は雪のニュースで始まり、各地で被害は続出でした。昨日までの天気が嘘のようで、今日は遠くの山まで見渡せるように空気が澄みわたり、きれいな青空です。

 天城の山々の雪化粧も、食堂テラスからはっきり見えました。

 

 

 

 

大室山と祈りの塔.JPG

  

    本日は、大室山山焼きの予定でしたが、雪の為、来週の20日に延期になりました。   

 

    この雪が来週までに溶けて、山焼きはできるのでしょうか?

 

 

 

大室山.JPG 

 

 粉砂糖がかかってるように、ちょっと美味しそうに見えませんか? 私だけかしら?

        <生活サービス課 藤原>

 

 

          体験教室「ちりめん細工」で今年の干支の「うさぎ」を作ります。 

   河津から、みごとな吊るし雛を作って下さった太田先生が指導に来て下さいました。           職員も一緒に習いたいなんて声も、たくさんありました!さて、どんなうさぎさんができるでしょう...

 

I・K・O・K.JPG 

 みんな真剣な顔で、もくもくと取り組んでいます。

先生ここはどうするの?  次はどうしますか?

 

  H・K.JPG  

 

 

うさぎの耳N・Y.JPG 

 

 

 

 

うさぎ3.JPG

 先生の見本のうさぎを見ながら、もう少し頑張って!

 

 

 

      先生とT・I.JPG

  自分がまだこんな細かい作業が出来るなんて、思わなかった、思い切って参加して本当に良かった!     嬉しかったし、楽しかったわ。又是非やってね。

                    <入居者 I・Y>

糸通しの機械にも感激!

これがあったら縫物も楽ね。諦めてたけど又出来るわ。

 

I・Y様.JPG    

うさぎは、神様のお使いたちだそうです。

「まぁ!家に神様が来てくれたのね。一年間神様が守ってくれるかな... 玄関に飾っておこう」

                   <入居者 I・Y>

 

K様.JPG

 

 

 

 

 

N様.JPG

完成しました!

「4才になる孫娘に、もう一つ作って送ってあげるわ。

喜んでくれるかしら?」                                                           

                 <入居者 N・T> 

 

 

  I・K様.JPG

出来上がったうさぎをシルバーカーに吊るしてお帰り「袋にいれましょうか?」職員が声をかけると 「いいのよ、みんなに見せてあげながら、ゆっくり帰るか ら」                    

                     <入居者 I・K>

        

 

              真剣な顔をしていた表情が、出来上がったうさぎに思わず笑顔に!

                 今年一年守って下さいね

      

うさぎ.JPG うさぎ (6).JPG  

うさぎ (5).JPG

 

うさぎ (4).JPG

 

 

 

 

 

 

うさぎ (3).JPG うさぎ (2).JPG

豆まき.JPG 節分の今日、高原倶楽部では豆まきとお汁粉をいただきました。

 年女のI・Kさん

「鬼はそと~ 福はうち~」

 

鬼のお面をかぶった職員に豆まき 

「職員手作りのお汁粉、美味しくいただきました」        <入居者 I・K>

 

 

お汁粉 (1).JPG 甘酒 (2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

甘酒 (1).JPG

 売店では、職員手作りの「甘酒」を

「おいしい!今年の甘酒も良い味だよ~」

「僕は、お餅を入れて食べるんだよ」

             <入居者 T・M>

「えー初めて 聞きました」

           (生活サービス課 小林)

なんて、こんなやりとりがありました♪

総アクセス数

2017年6月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

月別 アーカイブ