ゆうゆうコミュニティ伊豆高原: 2018年9月アーカイブ

IMG_1652.JPG今年もダイビングの季節がやってまいりました!最年少は67歳、最年長は85歳。皆さんちょっと緊張されていますか?

IMG_5740.JPG

まずは、シュノーケルを使用し、海水に顔をつけて呼吸の練習をします。

 

IMG_5823.JPG

初参加の入居者〈N.K〉さん「こんなに水族館の中のように、お魚が普通に泳いでいるんですね。」

 

IMG_5774.JPG

毎年参加されている入居者〈Y.T〉さん「やっぱり楽しいのよ、ダイビングは。」

 

IMG_5857.JPG

IMG_5868.JPG初参加の入居者〈H.H〉さん「来年は、もっとうまくやるよ。」

手を伸ばせば、さわれそうなくらい寄って来ますね!

 

IMG_5800.JPG

2回目の参加の入居者〈K.M〉さん(80歳)「久し振りで楽しかった。」

心臓の手術を乗り越えて、お医者さんのお墨付きをもらい、海に戻って来れました。よかったですね♪

 

IMG_5871.JPG

毎回参加されている入居者〈N.A〉さんは余裕のピースです!

 

 

IMG_5843.JPG

入居者〈N.K〉さん「熱帯魚のような魚たちと遊ぶことが忙しくて、あっという間だった。」

 

IMG_1657.JPG

入居者〈N.K〉さん「これなら子供から高齢者までが楽しめる。もう若者だけのスキューバダイビングだなんて言わせないよ!」

 

IMG_1651.JPG

入居者〈N.K〉さん「皆さんハマりますよ。冥土の土産なんてもんじゃない!! もっと早く始めていれば、私の人生の世界観が変わっていたはず(いまからでも遅くないな、取り戻そう)。」

つづきです。前回の計画の様子はこちらです。

 

入居者〈N.M〉さんは、スポーツ吹矢サークルの立ち上げに先立ち、体験会を開催されました。

市内で活動しているスポーツ吹矢グループのメンバーであるK先生を講師として、入居者〈N.M〉さんがお招きくださいました。

K先生はこの体験会で、専門の道具も一式貸して下さっています。ありがとうございます。

 

IMG_1588.JPG

K先生「今日は、体験会の初回なので、作法は省いて気楽に吹いてみましょう。」

 

IMG_1617.JPG

まずはK先生のお手本です。普段の半分くらいの近い距離なので、感覚が掴み辛そうでしたが、的の真ん中に命中!K先生さすがです。

 

IMG_1620.JPG

それでは、やってみましょう~♪  矢を入れて、狙って、吹きます。 的まで届くかなぁ。

 

IMG_1621.JPG

的まで届くどころか、5本全ての矢が的に命中! 初めてなのに凄いですね!

 

IMG_1634.JPG

入居者〈H.H〉さんは5本全て赤い丸の中に命中しました。試験だったら合格ラインですよ!

入居者〈H.H〉さん「えー!そうなのー!?」

 

IMG_1635.JPG

入居者〈K.H〉さんも、真ん中命中でご満悦♪ 気持ちよさそうです。

参加された皆様は、思っていたより勢いよく矢が飛び、的にも簡単に当たるので終始楽しそうでした。

写真には写っていませんが、幹事の入居者〈N.M〉さんは、矢の入れ物や筒のお掃除道具の作成、先生と日程の調整や体験会の段取り、個人専用のマウスピースを用意されるなど、ご尽力されています。

スポーツ吹矢の楽しさは皆様に十分伝わったと思います。サークル発足に向けて頑張りましょう!職員(田辺)

総アクセス数

2018年10月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

月別 アーカイブ