2017年5月アーカイブ

20170526帝王貝細工.jpgやさしくお花を触ってみてくだ

さい。カサカサとお花が...。

子供の頃、カサカサが聞きたく

てよく触っていました。

不思議なお花と思いながら。

昨春に種を蒔き、十本程芽が

出て二本だけ花が咲きました。

ほかに蕾はなかったのですが、

あまりにも緑いきいきと元気が

いので、そのままにしていま

したが、寒さには弱いようで

だんだん元気がなくなりました。

一本だけ元気そうなのを持って

帰り、新聞紙で筒を作って寒さ

から守り、毎日「元気になって

ネ」と声を掛けていました。

春、暖かくなると見る見る元気

に。丈が1メートル程になり、

蕾は20近くも。

こんなに大きく蕾がいっぱいの

麦わら草は初めてです。

いくつお花が咲くのか、とても

楽しみです。

暑さも苦手のようなので、

「元気でね。たくさんお花を見

てね」と声掛けをしながら、

最後まで大切にしたいと心して

います。

                                                  (入居者 H.O)

 

20170519伊豆旅行SH氏.jpg5月15日から4泊で下田に

宿泊して、あちこち伊豆半

を旅行てきました。

伊東・伊豆高原・稲取・熱川

と、伊豆急行のカラフルな

車両も目新しく、毎日出歩い

て楽しみました。

伊豆高原に行くのだから、

松井課長が転勤なった

「伊豆高原〈ゆうゆうの里〉」

にも行くことにして、職員の

山添さん連絡等お手数を

かけ、気分よくお話しして

きました。 

京都におられた杉山さんが、

長でひょっこり顔を出し

ださいましたが、こちらに

おらるとは知らず、びっくり

するやら、うれしいやら...。

里内を案内していただき

ました。

お二人ともお元気で、とても

話が盛り上がりました。

松井さんは色々苦労されてる

たいですが、意欲的でした。

ガンバレ・・・。

 

(入居者S・H)

20170509ハイキング①.jpg雨が心配された曇り空の下、

24人でJR長池駅をスタート。

新緑の田舎道をゆっくり歩きました。

 

30分ぐらい歩いたところで、

突然目の前に広がった紫のじゅうたん。

そこには丁度見ごろの

『カキツバタ』の群生がありました。

20170509ハイキング②.jpgそれはそれは心を洗われるような

美しさでした。

 

暫く休憩、ゆっくり観賞した後、

山背(やましろ)古道を

長池駅に戻りました。

 

電車、バスを乗り継いで、

20170509ハイキング③.jpg『ゆうゆうの里』に着いた時、

ポツリポツリと雨が降り出してきました。

半日でしたが、

案内してくださった里のスタッフの方々の

親切な心配りに深く感謝! 

心地よい時間を有難うございました。

(入居者 Y.H )

20170506お茶摘み②.jpgいただいたお茶っぱをさっそく天ぷらにしました。ほろ苦い味がして美味しかったです。

( 入居者M.K )

20170506お茶摘み.jpg初めてなので嬉しくて楽しくて。今できることは今やるの。だからお茶も最後まで摘みました。

( 入居者E.K

 

 

 

 

五月に入ってすぐのある日の夕刻、同じころに入居した古くからの知人Hさんから

声をかけられた。

「あそこに、お不動さんが見えない? 朝7時前後の姿がきれいなのよ」

 

  20170510お不動さん③.jpg見ると指さされた方向の一点に、初夏の新緑に彩られた木立の中で、

周りと少し色の違う一本が際立っている。

ぱっと見は、立ち木というより一叢のこんもりした茂みといったイメージであるが、

眼を凝らすとなるほど仏様の姿をしている。

 

後に聞いたところでは、最初に発見したのは、毎朝集会室のバルコニーで

催されるラジオ体操に参加している人とか、これを仏像に見立てたのは

おそらく信仰心の厚い方に違いない。

 

  20170514お不動さん④.jpg

   (集会室前の橋の欄干から見たら額縁みたいでおもしろかったので...。)

 

そこで翌朝、カメラを肩に里の中のベストスポットを探して回る。

大食堂前、集会室バルコニー、あずまや前など歩いてみたが、

そのいずれからもよく見えた。

 

カメラを構えていると、通りがかりの何人かが「何撮ってるの?」と聞く。

「向かい側の丘にいる仏様です」

「どこどこ? あ!確かにお不動さんだね」

「すごい凄い!」

中には合掌する人がいるかと思うと、「ただの木にしか見えないわ」と言う人もいる。

 

  20170510お不動さん②.jpgある対象から何をイメージするかは、人によって異なるのが自然のことだと思う。

皆さんの目にはどう映るのでしょうか。

 

自分の中では、昔の大映映画で観た「大魔神」を連想した。

なので、まとめて『里の守り神』としておくことに決めた。

教えていただいた方に感謝の気持ちを込めて...。

( 入居者:M・N )

ムサシアブミ①.jpg

 

 

  

ムサシアブミの花が

咲きました。

 

 

 

 

半日陰のこの地がこの花の

育成にはちょうど良かった

ようです。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 この辺にはめずらしい花

なので、大きな花は種を

採っておいて、来年も

花を咲かせて欲しいです。

 

 

 

 ( 入居者H・S )

( 写真撮影 入居者M・N )

スイートリレーマラソン.jpg              

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 京都ゆうゆうの里で、アスレチックジムとさわやかアクアプログラムを 担当している職員のT.I さんを含む「精華ACいちご」を名乗る38~44歳の チームが、4月16日に、宇治市にある、太陽が 丘運動公園の特設周回コースで開催された、 「第5回宇治太陽が丘スイートリレーマラソン」で、フルマラソンの距離である、42.195kmを2時間25分26秒で走って、2連覇を達成しました。 お見事!!                                                                                 

                                        ( 入居者Y.Y )

総アクセス数

2019年2月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

月別 アーカイブ