宇治と〈里〉の四季: 2012年5月アーカイブ

 今年も東南アジアの島々かオーストラリア 

20120529燕1.JPG北部から数千キロの海を渡り、ゆうゆうの里

に燕が帰って来ました。五年前頃は沢山見

られましたが、最近は長旅か天敵か原因が

わかりませんが少なくなり寂しくなっております。

 

 里内には「巣棚」が数箇所壁に取り付けら20120529燕3.JPG

れていますが、四月頃、巣棚に巣作りした

燕は卵も無事孵りもう直ぐ巣立ちする大きさ  

 に育っております。その巣は大食堂に向か

 う通路にありご入居者の方々も通る度に足を

止めて眺め、その愛らしさに心を癒されており

ます。

 

 今回は親燕が餌を与える瞬間を写したく  

シャッターを切り続たのですが、さすが燕、20120529燕2.JPG

俊敏な動作に老齢の身には至難の技、やっと  

撮れた一枚をご覧ください。下2枚の写真は

7号棟入口の上部の梁に2週間前から巣作り

を始めた燕の巣です、高さ6Mの梁の内側に

巣作りの姿を見つけどうなる事かと毎日眺め

ていましたが、下部から少し積んでは固まる

のを待ちまた積む、本能とは言え雨水にさら

されず天敵にも見つかりにくい場所を探し見事

に完成した「燕の力作」をご覧ください。今年里

で少しでも多く生まれ育ち旅立つ事を願っており

ます。

                       里の旅人

里のオウトウ①-1.JPGゆうゆうの里自慢の「しだれ桜」も四月の半ばに満開となり「上段の写真ですが美しく撮れましたのでご覧下さい)茶席やライトアップ等で楽しませて頂きました。あれから一か月が過ぎ、また新しい楽しみが始まろうとしています。

 

 

里のオウトウ②-1.JPGそれは里内の道沿いに有る「オウトウ」の木3本です。背丈は2~3mで未だ小さな木なのですが今年も沢山の実をつけて色づいてきました。散策の途中に熟れた実を一粒口に入れると甘酸っぱくてとても美味しい。私と同じ様に楽しみにしている方も居ると聞きますが、毎年不思議な事に気が付くと一粒も残らず無くなっています。実情はわかりませんが多分小鳥達も手伝っているのかなあと思っておりま

里のオウトウ③-1.JPGす。いずれにせよ鈴なりの姿と美味しそうに熟れた実を写真に収めましたのでご覧下さい。

 

                      (里の旅人)

 

 

 

 

藤棚 007.JPG

藤棚 010.JPG

藤の名所、平等院の藤棚が春の天候不順で全然咲いていなかったよと御入居者より聞き、里の藤は咲いてくれるのか心配でした。

しかし里の藤は天候不順にも負けず今年も立派に咲いてくれました。今が見ごろの時期を迎えています。

(コミュニティサービス 中川)

 

 

 

 

 

 

総アクセス数

2019年4月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

月別 アーカイブ