宇治と〈里〉の四季: 2015年9月アーカイブ

20150915タマネギモドキ①.jpg自室を出て数歩歩いたところで、

何だか違和感を覚えたので、

振り返って地面を見ると、

奇妙な物体が目についた。

散水栓の鉄枠とインターロッキング

ブロックに跨って、そいつは居た。

S寸の卵大の丸い代物である。

タマネギモドキ②.jpg一見、巨大なカタツムリと思った。

最近里のあちこちで見かける15セン

チもの巨大なナメクジを連想した

からだ。

近づいてよく見ると渦巻き模様が

無く、色合い何だか不気味な感じ

である。

恐る恐る触ってみると、グニュっとした感じで、根が生えたように動かない。

ちょっと大袈裟だが職員に来てもらい、ひっくり返してもらったところ、何のことは

ないキノコだ。

わずか10ミリあるかないかの隙間にだが、しっかりと根をはっているのだから動

かないはずだと、妙なところで納得した。

あとで調べてもらうと、どうやら「タマネギモドキ」とか称する毒キノコらしいと解っ

た。

うっかり焼いて食べたりしなくてよかったなと、ほっとしたりしたという、他愛のない

話でした。

 

(入居者M.N)

総アクセス数

2019年4月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

月別 アーカイブ