宇治と〈里〉の四季: 2016年7月アーカイブ

梅雨がまだ終わっていない日の宵の口、「珍しい花が咲くので、お出でなさいな」5号棟の、親しくしている方からお電話をいただいた。聞けば、夕方から咲き始めて翌朝には萎んでしまうらしい。

「月下美人ですか?」 なんとかの一つ覚えで訊いてみた。

「いいえ、烏瓜の花よ」

「カラスウリ?実は知っているけど、花も咲くのですか」

「実は赤いけど花は白で、レースの飾りのように広がっているの」

取りあえずカメラを手に、通りがかりの人もお誘いして、伺ってみた。暮れなずむ夕景の一角に、確かに真っ白なレース飾りのような、花があった。 烏瓜1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃、見るからにおいしそうなカラス瓜の実を手に取って、「それは食べられないよ!苦い苦いよ」と祖母からきつい声で咎められた記憶とは、まるで繋がらない、幻想的で清楚な印象の花だった。あとで訊いてみると、結構多くの人が、この花を見たことがあるという。

烏瓜2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

80年余り生きてきて、ああ、まだまだ知らないことがいっぱいあるのだなあ、と珍しいものを見せていただいた5号棟の方に感謝しつつ、妙なところで感心させられた。

     (  入居者M.N  )

                                               

7月6日より、コミュニティーのカウンターにて、地元白川地区でその日の朝採れたばかりの新鮮野菜の取り扱いを始めました。名付けて「ミニ朝採れ市」!! 

朝採り市1.jpg何が入荷するかはその日の朝のお楽しみです。季節柄、断然入荷数が多いのがきゅうり。その次が三度豆(さやいんげん)、そして、京野菜の万願寺とうがらし、と続きます。

このほかには、なす、真桑瓜、黒大豆の枝豆なども入荷しました。 朝採り市2.jpg

 

 

新鮮さが魅力の野菜たちは、カウンターの前を通る入居者の目を引き付け、大抵午前中には完売します。さて、明日は何が入荷するでしょうか? どうぞお楽しみに・・・。

                                           ( コミュニティー担当 )

                                          

                     

七夕①.jpgのサムネール画像のサムネール画像今年もまた、七夕を迎えました

 

コミュニティセンター棟(CC棟)のカウンター前には、笹飾りだけではなく、天の川の飾りつけもあり、皆様から大変ご好評で、願いごとの短冊もたくさん認めていただきました。 七夕②.jpg 七夕③.jpg                                                          七夕④.jpgのサムネール画像のサムネール画像

今年も、七夕の夜空は曇っていて星ひとつ見えず残念ですが、皆様の願いがかないますよう、お祈りしています。 笹飾りのライトアップも、今年は今夜が最後です。 

               

 

 

 

 

 

              ( コミュニティ担当 )

 

総アクセス数

2019年4月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

月別 アーカイブ