参加する楽しみ、つくる喜び: 2013年8月アーカイブ

 

梅干し1.jpgかつては母が作ってくれていた

「梅ぼし」。妹たちが上手く作れな

いというので、「それでは・・・」と

思い、私も挑戦してみました。土

曜干しは今日で二日目。三日三

晩と言われるので明日まで干そ

うと思っています。

 

梅干し2.jpg上手にできたら、親戚に配ろうと

思っています。また姪は漬けたシ

ソが好きなので「ゆかり」にして持

って行ってやろうとも思います。

 

 

 

 

 

里に来て元気になったので、こんなこともしようという気持ちにゆとりが

できました。

 

(  入居者 Y.F )

 

 

ジャズコンサート2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャズコンサート1.jpg

ジャズコンサート3.jpg今年は空梅雨か晴天が続き、7月に入り全国的に猛暑と集中豪雨による大きな被害のニュースが報道されています。

京都〈ゆうゆうの里〉は森林に囲まれた高台にあり、過ごしやすい良い環境に恵まれている。とは言え老齢の身、いささか《夏バテ》状態になっています。

そんな中7月28日午後2時から「ロイヤル・ディキシーランド・ジャズ・バンド」による「JAZZコンサート」が開催されました。私は唯でさえ暑いのに喧しいジャズを聴いたら身体が益々おかしく成ってしまうと思いながら出かけてみると、会場は満席状態。仕方なく柱の陰に椅子を据えて聴くことになりましたが、いざ演奏が始まると各楽器の音が身体に圧迫感を与えてくるその迫力に圧倒されてしまいました。特に私の好きなウッドベースが良く響き素晴らしかったです。

選曲も我々の知っている『テネシーワルツ』、舟木和夫の『北国の町』、『ダイナ』、『世界は日の出を待っている』等約20曲。2時間の熱演にすっかり暑さを忘れ聴き入ってしまいました。

身体に直接感じる生音は私の予想に反して感動と沢山のエネルギーを貰い、聴きに来て本当に良かったと思いました。他の入居者の方々も同じ感想を持たれた事と思います。

現在のジャズは形を変え、クラッシックジャズやロック等幅広く演奏される時代に成っておりますが、ジャズの歴史は20世紀の初めに米国のニューオリンズ地方で起こり、即効性に富む演奏としてデキシーランドジャズ、ニューオリンズ・、ホットジャズとも呼ばれ、1910年代にシカゴ、ニューヨークへ移動し広く愛されるようになったと言われます。日本では戦後進駐軍によって広められたようです。

演奏の途中で楽団のメンバー紹介がありましたが、進駐軍のキャンプ地で演奏されていた方、戦前からの大ベテラン、そして滝廉太郎の甥御さんに当たる方も居られ、そこに若い人たちが加わり、息の合った演奏仲間と感じる和やかな雰囲気が、聴く人たちに伝わりました。笑いあり、手拍子あり、リズムに合わせて身体を揺らす方も居られ、時間を忘れ楽しませてくれました。

楽器の紹介も有り、トランペット1本、トロンボーン2本、クラリネット2本、ピアノ、ドラム、コントラバスでジャズの基本的な編成でした。「どんな音が出せるのか、一節どうぞ。」での曲は笑いを誘い会場を沸かせました。

余談ですが、今回のジャズを聴きながら、若い頃にジャズマンの恋と夢を描いた劇《上海バンスキング》を上演の時、劇団員が劇中のジャズを演奏する為に楽器を習い、俳優の吉田日出子が歌いました。その時代のジャズの雰囲気が出ていた演奏が好評で、CDまで発売されていた事を思い出しました。少し調べてみると、その劇は現在まで好評で記録的なロングランの435回公演をしていると知り驚きました。

今回来里されたジャズバンドは入居者の中にメンバーの方と親しくされている方が居られる関係で、忙しい演奏活動の中、2年ぶりに来られたと聞きました。今回で3度目の来里だそうですが、ロイヤル・ディキシ-ランド・ジャズ・バンドの皆様、楽しい演奏を本当に有難うございました。お礼申し上げます。

また、JAZZコンサートを企画しお世話下さった里の職員の方々に感謝致します。

                                                    ( 入居者 T.N )

総アクセス数

2019年4月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

月別 アーカイブ