参加する楽しみ、つくる喜び: 2019年3月アーカイブ

20190303倉光氏④.jpgひな祭りは女の子のお祭りで、童謡でもよく歌われています。

懐かしのメロディーですね。

その一つに「うれしいひな祭り」(サトウハチロー作詞)があります。

「♪あかりをつけましょぼんぼりに...」で始まる歌です。  その2番。

「お内裏様(だいりさま)と おひな様 二人ならんで すまし顔...」

と続きます。

ハイ、ここでまた問題です。「お内裏様」と「お雛様」とは具体的に

どの人形を指すのでしょうか?

20190303倉光氏⑤.jpg実はこの問題、最近のNHKの人気番組「チコちゃんに叱られる」

に出てきた問題なのです。 さあ、おわかりですか?

番組では回答者が、「お内裏様」が男雛、「お雛様」が女雛と答えて

いました。

次に「二人並んで...」と出てきますから、これでよさそうに思います。

でも、5歳のチコちゃんに「ボーっと生きてんじゃないよ!」と

叱られていました。

20190303倉光氏⑥.jpg正式には、「お内裏様」は男雛女雛を合わせて言い、「お雛様」は

飾ってある人形全体を言うのだそうです。

この解答には、もう一つの童謡「ひなまつり」(林柳波作詞)が参考に

なります。

「♪ 赤いもうせん しきつめて おだいりさまは 上のだん きんの

びょうぶに ぎんのだい」。

「お内裏様は上の段」というのだからお二人でおかしくない。

20190303倉光氏⑦.jpgでは、なぜこんな間違いが起こったのか。

理由は簡単明瞭。作詞者サトウハチローの勘違いなのだそうです。

彼はそう思い込んで作詞し、誰もその間違いに気が付かないまま

子供たちに人気の歌となった。あとで気が付いた時には、もう手遅れ

だったわけです。

息子さんの証言によれば、家でこの歌のレコードをかけたり、家の前を

この歌をうたいながら子供たちが通ると、ハチローさんの機嫌が

悪くなったとか。

でも、いまでも子供たちにひな祭りの人気があるのは、お人形や

ご馳走の他に、この童謡のお蔭があるような気がします。

( 入居者M.K )

20190303倉光氏①.jpg里では節句などに合わせて、いろいろ催しをしてくださいます。

3月3日のひな祭りには甘酒がふるまわれました。そのしばらく前から

CC棟などあちこちに雛人形が飾られ、明るく楽しい雰囲気になりました。

その雛人形の男雛、女雛を見て気が付きました。

飾ってある雛人形の並び方が場所によっていろいろなのです。

CC棟の七段の飾りでは男雛が右(向かって左)でした。

ところが「だんろ」では逆の左。大食堂では右。    さて、これはなぜか?

20190303倉光氏②.jpgハイ、ここで問題です。場所によって男雛女雛の並び方が違うのは

なぜか? 

次のものから正しいと思われる理由を選んでください。

(テレビの見過ぎかもしれませんね)

①里の事務の指示系統がはっきりせず、飾る人が自分勝手に並べて

  しまった。

②里の方針で、職員さんの自主性を尊重したから。

③職員さんに関西生まれの人と関東生まれの人がいたから。

④どっちでも構わないから。

20190303倉光氏③.jpgなんだか失礼な選択肢も入っていますが、ゴメンナサイ。

実は、問題を作った私にも正解が分かりません。

でも、調べてみると、一応のルールはあるようです。

いまの形の雛人形は、やんごとなき方をモデルにしているので、宮中の

しきたりに従っているようです。日本では古来、「左」を「右」より

としてきました。

左大臣は右大臣より上です。それで男雛が左手に立つ。

関西圏では今もそうです。

(現代風に、どうして男が女より上なのか?という性差別問題を提起

されると困ってしまいます。ここは、「昔からの風習で」という程度で

ご勘弁願います。私見では「男はおだてておけば扱いやすいから」

という程度でいいように思いますけど...)。

ところが、大正天皇の即位行事では天皇が皇后の右に立たれたのだ

そうです。

(これとて「右に出るものがない」という言い方もありますから、根拠が

あるのでしょうね)。

以来、東京、関東圏では向かって左に男雛を置くことが定着したそうです。

こうしてみると、先ほどの解答は、全部に丸を付けるのが正解かもしれません。

( 入居者M.K )

 

総アクセス数

2019年6月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

月別 アーカイブ