2013年7月アーカイブ

 7月12日(金)定例会議開催しました。
 暑さが続く中、熱中症に注意すること。花類も30度以上になるとしおれている。花のメンバーも1人去り、新しい人も加わってくれた。だが水やりが大変で順番を変更して新しい体制でこの夏を乗り切る事となった。私も左足腰が痛くて毎日医者通いをしております。
 茄子は、初物を喰ったら75日長生き出来ると言って沢山の入居者が食べてくれた。
201307なす.JPG ひまわりは、ソ連性の種で伸びすぎた。来年は日本性の種を植えます。

201307ひまわり.JPG  話は変わるが「みおつくし7月号」に職員R.Sさんの記事の中に枚岡の紹介する内容が載っておりました。私の青春時代(14才―18才)の頃、戦時中で枚岡神社まで鉄砲かついで行軍させられました。100回は行った様に思い出しました。大きな梅林があって3月には白い花が咲き5月―6月には梅の実がいっぱい落ちましたのをなつかしく思い出しております。


                                       (入居者I.T)

 

   東北3県の季節の花鉢」頒布会第3回目、福島県・東白川郡矢祭町の「FUJITA農園」藤田玄夫さんから「セロシア ダークカラカス」の鉢が到着しました。

セロシア ダークカラカス.jpg   藤田さんからのメッセージ「空に向かって真上に咲く、赤紫の花。派手さはないけれど、長く長く咲き続けます。復興へ希望の花となる様、大切に心を込めて育てました。」

   5~11月頃まで咲き、属名の「セロシア」はギリシャ語の「ケロス」が語源で、「燃えた」や「焦げた」という意味を持ち、炎のような花を咲かせることに由来すると言われています。和名では「野鶏頭」と呼ばれます。同じ仲間に「ケイトウ」という、鶏のトサカの様な花を咲かせる種類があるためです。日本には古来、中国から朝鮮半島を経由して伝わってきたと言われ、万葉集にも登場します。

   1,200セット限定、6ヶ月頒布なので、楽しみは続きます。第4回8月は「秋明菊」が送られてくることになっています。

   さっそく応援メッセージを送りました。


                                                                                 "オキナグサ"

  コンサート風景.JPG 今年は我々の「コーラスの会」を指導して下さっているM・I先生が、縁(ゆかり)の演奏家と御一緒にお越し下さった。「声楽」「ピアノ」「フルート」の演奏である。私には音楽の知識は無いに等しい、だが、ピアノ独奏曲の中で、最高に好きなのが「キラキラ星の変奏曲」聞いているうちに涙が出てきた。前はそれなりのオーディオを持っていたが、今の自室には小さなカセットがあるだけ、この曲のCDは4枚持っている。コンサートにもよく行った。しかし好きなこの曲を生で聞くのは初めてだ、間近で聞くピアノの迫力は素晴らしい。フルートのソナタ、ピアノの連弾どれもが良かった。合間に皆で歌うコーナーがあり「たなばたさま、夏はきぬ」等を、天まで届けと思いきり声を張り上げた。
 演奏された曲目は
1、星に願いを(歌唱)
2、見上げてごらん夜の星を(歌唱)
3、キラキラ星変奏曲(ピアノ伴奏)
4、月の光(フルート、ピアノ伴奏で)
5、バッハ ソナタロ短調BWV1030 (フルート・ピアノ伴奏で)
6、パッヘルベル カノン(ピアノ連弾)
7、落葉松
  番外、聴衆との合唱(前記他)
 アンコールに応えての曲目は、今、震災復興応援歌としてよく歌われている「花が咲く」で伴奏のピアノに、フルートをアレンジしたことで、他ではまず耳にすることのない傑作になり、最高の花が咲いた。
ブラボー!

  ピアノ奏者と.JPG                           (入居者ペンネーム ひろ爺)

 手が不自由で字が書けず、他人事と思っていたが、ワープロでも良いのではないかと今年は短冊を書き、館内各所の笹に吊るした。五階の「T女史」がなかなか面白い「俳句、短歌、川柳」を読まれる。私も川柳もどきを四つばかり作った。機会あったら同フロアに「朝日新聞」の川柳で、全国入選常連だった方が居られるので、見て戴いてお教えを請いたいと思っていたが、残念ながら最近はとんとお会いすることも無いので、駄作をそのまま出した。


 紹介しますので笑覧下さい。

 黄泉の国 あの辺りかな 天の川
(近々、嫌でも行くことでしょう)

 古臓器 役に立たねど カード書き
(若い頃から移植カードにはサインしてあります)

短冊 (2).JPG 猛暑など 負けるものかと 歌唄い
(カラオケの会の「副会長・代行・代理・補佐・補助・心得・見習い」の重職です)

 落語聞き 声だし笑う 苦労なし
(演者には誠に失礼だが寝る時、音楽を聴きながらだと高揚して眠れないのに、落語のCDを聴きながらだと、声出して笑っているうちに気分が安らぐのか不思議と眠りにつけます)

 

短冊 (1).JPG                           (入居者ペンネーム ひろ爺)

総アクセス数

2017年7月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最近のコメント

on テラスの花:  今年は朝顔の棚は作
2階 U on かぼちゃプリン(5月手作り喫茶タイム): ゆったりとしたティー
on クジャクサボテン: きれいな花が咲くんで
2階 U on 『 中 之 島 バ ラ 園 』: 今年も行って来られた
2階 U on 母の日カーネーションのねりきり: 実は私も一つ頂いて帰
on 母の日カーネーションのねりきり: 私もひとついただきま
on 京都 原谷苑:  この黄色い花も桜で
on 八幡の背割堤へお花見ツアー: 凄くきれいな桜ですね
on 奈良公園の鹿:  珍しいものを見せて
K・S on 『チューリップ』: 壮大に咲き渡る色とり