ゆうゆうコミュニティ湯河原: 2019年2月アーカイブ

里の焼き芋は、「紅あずま」と言う品種のさつま芋で、毎回4キロ焼きます。

ドラム缶を加工した手作りの「焼き芋器」で吊るし焼きにするんです。

始め、炭の火起こしがうまくいかず、時間が過ぎて焦った事もありましたが回数を重ねてコツを知り

美味しい焼き芋をご提供できるようになりました。

H31.2.20b.jpg

遠赤外線で甘く美味しくできました。見てください。

なかなかのものでしょう~

H31.2.20a.jpg

ご入居者の皆様に愛されている里の焼き芋も今季は、もう終わりです。

また、秋になりましら焼きますので、どうぞお楽しみにお待ちください。

皆様、たくさんのお買い上げ、ありがとうございました。

                                        【 職員 高橋弘子 】

「見て、見て♪今日は明日葉の収穫よ」

と寄って下さったのは、

昨日「ふきのとう」を摘んで見せて下さったご入居者のS様です。

「今日の夕飯は、明日葉の天ぷらにしようかしら」

H31.2.14a.jpg

 

私は「ア・シ・タ・バ・・これがそうなんだ」と初めて見ました。他にどうやってたべるのかしら?」

そこで早速調べてみることにしました。

 

明日葉1.jpg

和名は「今日、葉を摘んでも明日には芽が出る」と言われる位に

発育が速いことに由来するそうです。

便秘防止や利尿・高血圧予防、強壮作用があるとされ、

緑黄色野菜としてミネラルやビタミンも豊富なことから、

近年健康食品として人気が高まっているそうです。

 

そう聞くと元気が出そうな山菜らしく、

私も食べたくなりました。

S様が摘まれた場所を伺い、今度摘みに行ってみたいと思いました。

                                              【 職員  青田香菜子 】

地元の友人と散歩に出かけると、日当たりのよい土手にフキノトウが1つ2つ・・

何も持っていなかったので、手袋を外してその中に摘んで帰りました。

売店に寄って収穫をお披露目。かごいっぱいの春を一緒に感じましょう。

今夜はふき味噌で春を味わいましょうか。

H31.2.13a.jpg

H31.2.13b.jpg 【 入居者 S . M 】

 

友人より今朝、昨日の五所神社の節分祭でまかれた「福豆」のお裾分けを頂いた。嬉しい気持ちで部屋へ持ち帰り、「これは食べた方が良いのか、大事に取っておくべきか?」と悩んだ・・

「妻が帰るのを待つことにしよう」

そういえば、今日は立春!里のあたみ桜は散ってしまわないかとこれまた心配。

昨晩からの風と雨も次第に止み、温かい日が差してきたので、カメラを手に散歩に出た。

3).jpg

5).jpg

この景色が私は好きだ。

湯河原ゆうゆうの里の春をいち早く感じられる。

6).jpg

あたみ桜のピンク色と青空が何とも言えない。

メジロも残り数日間の開花を楽しんでいるようだった。

1).jpg

 

あたみ桜・・・明治4年頃、イタリア人により、レモン・ナツメヤシとともに熱海にもたらされた。インド原産の寒桜の一種。  熱海の糸川沿いには57本植えられている。河津桜より1か月早く咲く。早咲き日本一。 下田の御用邸、伊勢神宮にも献上されている。 花の付き方が、一つの枝に早期に開花する花芽と後期に開花する花目芽の二段構えに形成されている為、開花時期が長い。

ーーーー情報は、熱海市のネットワークを元にしていますーーーー    【 入居者 I.T 】

 

                             

 

 

総アクセス数

2019年6月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

月別 アーカイブ