神戸と〈里〉の四季: 2012年11月アーカイブ

里の農園の近くで見つけたキノコ。

調べてみるとササクレヒトヨタケというらしい。

  IMGP751611111.jpg  

成熟に伴って縁から次第に黒く変色し

かさの肉とともに最後は黒インク状に液化して消え去るキノコ。

自然では数日しか保たれないので幻のキノコとも呼ばれるそうです。

 

IMGP7506222222.jpg

もう一枚は・夕焼けの写真です。

部屋の白い壁紙が真っ赤に染まったので

ベランダから外を見ると真っ赤に燃えているような夕焼け・。

綺麗でした~。

入居者KC

10月の終わり頃

里の農園の近くに珍しい草花があると聞いて撮影に行きました。

P1040632.JPG

小さな白い花がとて愛らしいテイショウソウ。

葉は緑と深緑のまだらになっていてとても美しいです。

来年は花のアップの写真を撮りたいです。

テイショウソウは地域によっては採取が禁止になっている植物です。

ゆうゆうの里にある事が誇らしいです。

大切にしたいです。

里の散歩人

 

P1040757 1212.jpg

春に綺麗な花を咲かせて楽しませてくれる2号館のヤマザクラ

秋も綺麗な紅葉で楽しませてくれます。

 

P1040751 1212.jpg  

3号館前のモミジは小さいけれど存在感たっぷりで毎年楽しみです。

 

P1040740 1212.jpg  

工芸館と立体駐車場の間に・ひっそりと柿の実が・。

 

構内道路をぶらりと散歩・・たくさんの秋を感じました。

 

里の散歩人

 

総アクセス数

2019年6月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

月別 アーカイブ