参加する楽しみ、つくる喜びの最近のブログ記事

新年最初のゆうゆう茶屋、初釜がありました

IMG_9573 blog.jpg

「紅梅」

IMG_9572 blog.jpg

職員によるお点前

IMG_9578 blog.jpg

「私たちの年代はお茶、お花、洋裁なんかはたしなみとして皆していたけど、

今の若い人達はしないてしょ?どんどんしたらいいのよ」    (入居者Y・H)

 

                  顔見知りの職員がお点前をし、来られた方に喜んでいただくことができました。

 

 

IMG_9600 blog.jpg

「ケア棟へ引越するけど、準備も全部できて時間があったから寄ってみたのよ。気持ちが落ち着いたわ」  (入居者E・K)

「上品なお菓子でおいしかったです」                             (入居者M・M)

「介護が必要な方も職員がお誘いして、昔お茶をされていたころを懐かしながら参加されていることにすごく感動しました」                                     (入居者Y・H)

地元では楠公(なんこう)さんと呼ばれ親しまれている湊川神社に初詣に行ってきました。

 

1初詣.jpg

「暖かく雲ひとつない青空のもと新年のお詣りができて、今年もよい一年になりそう」(入居者 AN様)

 

「昨年健康を祈願して元気に過ごせたから、今年も絶対お詣りしたいと思ってたの」(入居者 TK様)

 

 

2初詣.png

「初詣でたこ焼きを食べないと一年が始まらないわ」(入居者 S・Y様)

 

3初詣.jpg

拝殿内の参拝もして、お詣り・御祈祷・おみくじ・たこ焼きと

初詣のフルコースを楽しむことができました」

(入居者 NY様 YK様 KY様)

2020年 令和最初の新年祝賀会が開催されました。

IMG_3926low.jpg

143名のご入居者と各課職員が一同に会し、年明けを一緒にお祝いしました。

昨年入居された方もたくさん参加されました。

 

IMG_9482low.jpg

96歳と84歳の年男、年女の方々による恒例の鏡割り。

96歳のS.K様は、「長いこと祝賀会には出ていなかったけど、じゃあ鏡割りしようか」と参加してくださいました。

72歳の方は、12年後にお願いします!!

 

IMG_3939low.jpg

富くじでは、今年の干支のねずみに因んだ景品が準備され・・

 

「初めて参加しました。たくさんの方と迎えるお正月はお料理も雰囲気も違って大変楽しかったです。

富くじも当たって、一年のいいスタートが切れました。」 (A.F様)

 

IMG_9527iow.jpg

特賞のポートピアホテルのランチブッフェ券付き神戸動物王国の入場券を見事当てたN.N様

「やったー! びっくりしました。誰と一緒に行くかは考え中」

⇒ その後、「3歳と5歳の女の子(お孫さん)と行くことに決めたよ!」と教えてくださいました。

ゆうゆうの里でもちつき大会が行われました。

IMG_3864low.jpg

N・I 様が餅をつくと、とても力強いいい音がして、さすが普段から体を鍛えて

おられるのが音でわかります。その音が聞きたくて室内から出てこられる

ご入居者もおられました。

 

今年もつき手に参加して、餅をつきました。

「日頃しているテニスの素振りが役にたってるよ~」

次の日も「全然疲れてないよ~」と仰っておられました。(入居者 N・I 様)

今日の夕食はクリスマスメニュー

2019クリスマスイブ.JPGそれに合わせてスタッフの方もクリスマス!
楽しいひと時を過ごせました

2019クリスマスイブ①.JPG                                                                                                          (入居者Y・S)

令和になって初めてのクリスマスコンサートが開催されました。

IMG_9379blog②.jpg

ソプラノ歌手 大嶋恵里香さん

ピアニスト 水谷彰子さん

IMG_9415blog①.jpg

クリスマスソング、オペラ、ピアノソロなどなど

たくさん披露してくださいました

最後は会場一体となって

皆さんで「見上げてごらん夜の星」を大合唱♪

「とっても素晴らしい歌が聞けたわ」(入居者K・H)

「イタリアで聞いたオペラを思い出したわ」(入居者K・T)

12月のおりがみの会で
来年の干支「子(ねずみ)」と正月らしい「寿鶴」を折りました。

折り紙の会12-1.JPG難しかったですが、きれいにできました。
何と言っても、自分で作ったのがうれしくて、帰ってさっそく飾りました。
これで気分よく正月が迎えられそうです。

折り紙の会12-2.JPG                                                                                                          (入居者K・N)

ゆうゆうの里において、地域の青少年育成協議会主催の『世代間交流事業 

防災訓練』 が行われました。

近隣にお住いの小さなお子さんから小中学生、親御さん、ゆうゆうの里からも

ご入居者約15名が参加して、スタッフを含め総勢約180名の規模で災害発生時

の様々な訓練をしました。

炊き出しはもちろん、段ボールのベッドを組み立てたり、マンホールの上に設置

する非常用トイレとテントの組立て、災害時持ち出し準備品の確認クイズ、紙ス

リッパ作りなどなど・・・

ゆうゆうの里のご入居者は野菜を切ったり、なたで薪を割る方法を中学生に伝授

したり、かまどの火をみて下さったりと大活躍でした。

      IMG_9143low.jpg

IMG_9130low.jpg  IMG_3800low.jpg

阪神淡路大震災を知らない世代の小中学生に今日の防災訓練を体験してもらえ

たのはよかったです。あの経験は引き継いでいかないといけないと思います。

災害発生直後は、薬をはじめ必要最低限の備えや自分たちでやれることはしな

いといけない。そう思ってもついついとなってしまうが、今日はその再認識をする

よい機会になりました。 (入居者 K・T)

IMG_9194low.jpg  IMG_3797low.jpg

初めてのことが多くて良い経験でした。段ボールベッドを知っていたけど現物をみ

るのも初めてだし、 座ってみるのも初めて。薄っぺらい段ボールなのにしっかりし

てたわ。 ヤクルトの空き容器やペットボトルのキャップでお米や水がどのくらいな

のかも 知ることができて、 ポリ袋を使って調理するパッククッキングはこれからも

役に立ちそうです。   (入居者 T夫妻)

中学生や5人兄弟の家族と一緒の班でたくさん話しができて、とても楽しく訓練が

できました。  (入居者 A・Y)

高齢者交通安全教育隊(スタウス)の警察官の方々が交通安全に関するお話に来てくださいました。

スタウスとは、平成12年から活動している65歳以上の方々を対象にした兵庫県警の講習会専属部

隊です。神戸ゆうゆうの里のある神戸市北区は、神戸市内でも一・二を争うほど高齢者による交通

事故が多発している地域だそうで、警察官の方も特に力を入れて講習されていました。

交差点では「とまる」「みる」「まつ」の3ポイントを徹底して下さいとのお話でした。

IMG_3764low.jpg

IMG_3771low.jpg

また道路に見立てた所を歩行すると映像とリンクして雨の日の道路の横断の体験が出来たり、

免許保持者の方は「実践型ドライビングナビ」 を使用し、夕暮れの時間帯の運転の注意事項など、

多くのことを学び交通安全の意識を高めるよい機会をもつことができました。

IMG_3785low.jpg

IMG_3758low.jpg

   「ドライビングナビは難しかったけど、気を付けようというポイントを再認識できました。」

                        (入居者 N・N )

   「ドライビングナビでは自らの運転の癖を発見できて、とてもためになりました。」

                        (入居者 E・S )

 

秋の空が一段と青さを増し

木々がちらほらと色づく頃、ゆうゆうの里では柿狩りのシーズンです。

kaki3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kaki5.jpg

自然豊かな施設ですね。

敷地内で柿狩りが出来るなんて思わなかったです。

体験入居 K

 

kaki1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kaki4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良く熟れた柿や、歯ごたえのある柿。

自分だけの「旬」を探し出せるのでいいですね。

入居者A

総アクセス数

2020年1月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

月別 アーカイブ