台風19号の各地の被害の様子を見ると心が痛みます。河川の氾濫、停電など今回も自然災害には驚かされました。ゆうゆうの里では、台風15号の被害を教訓として、前日から「水をためておくように」「不要な外出はお控えください」など入居者の皆様に呼びかけし、台風19号を迎える準備をしました。しかし、当日は予測もしなかった午前8時頃の停電、変更や中止をお知らせする館内放送が続き・・・。夕食は皆様が居室から出ずに済むように、希望の方には居室へ配膳するなど職員一同対応しました。その備えが功を奏したのか、大きな被害もなく、今朝は清々しい青空のもと、いつもと変わらぬ朝を迎えることが出来ました。
20191013.JPG
今回も入居者皆様のご協力があってこそ、大きな被害はありませんでした。

台風の時期を過ぎると・・・、しずかな秋の訪れです。大銀杏やもみじの紅葉が楽しみです。素敵な秋になるといいですね。
(コミュニテイ担当 白石)

「佐倉ゆうゆうの里」のメイン通りに沿う植え込みに目をやりつつ奥に進むと、今はただ小さな実をつけ今年を終ろうとするカノコユリの先に、光沢のある緑の一叢に出くわします。10月に入りなお色艶豊かなこの潅木はクチナシです。クチナシは白色の花とその芳香、そして独特の形状の実を以て知られていますが、この場所のクチナシは八重咲の品種であり、実をつけません。

無題20191004.jpg6,7月の花期には八重の花が咲いていました。
無題2019100401.jpg

ゆうゆうの里には他にも2号館食堂の南側にコクチナシがありますが、現在クチナシの実を目にすることができるのは、隣接する旧堀田邸庭園の西端「カヤ門」脇の一重咲きの一株です。

無題2019100402.jpg

上部は花と共に丸く刈り込まれたものの、下部に残った花のあとは縦に六個の線のある実に成長しています。

無題2019100403.jpg無題2019100404.jpg
(コミュニティ特派員:U)

里では、今年100歳をお迎えになるご入居者は4名いらっしゃいます。本日、佐倉市の表敬訪問を受けました。100歳というと大正8年~9年の早生まれの方々です。
2019092701.JPG
皆様の長寿の秘訣はなんでしょうか?「自分のことは自分でしたい」「いつも感謝して生きてます」「言いたいことははっきり言うようにしてます」など、色々なお話を伺いました。

無題2019092704.jpg
皆様から伺った秘訣を心がけ、いつまでもご入居者の皆様が『自分らしく健康でいられるように』、私達職員もお手伝いさせていただきます。
皆様、本日はおめでとうございました。
(コミュニティ担当職員 白石)

コミュニティホールで行われた認知症講演会に参加しました。軽度認知症を早期に治療し克服した"山本朋史さん"の体験談を聞き、とても勉強になりました。
20190923.JPGIMG_1695.JPG
がけている『七つの習慣』その一つは「運動」半信半疑で続けたところ効果が出たそうです。二つ目は「料理をする」、三つ目は「音楽療法」、四つ目は「芸術療法」。描いた絵を見せてくださいました。どれもお上手でしたよ。五つ目は「脳トレのゲームをする」、六つ目は「良い睡眠」、七つ目は「歯をまめに磨く」。一日6回磨いているとのことです。せっかくですから、この中の一つでも私も行ってみたいと思っています。
201909231.JPG
講演の後に「最新の脳トレ」を体験しました。漢字の問題は難しかったですが、こちらも面白かったですよ。
201909233.JPG
今日は色々ためになるお話を聞くことが出来たうえ、楽しかったこともあり時間があっという間でした。「もっと知りたい」と思い、早速、山本朋史さんが出版された本を注文しました。読むのが楽しみです。
(入居者:S様)

敬老の日に素敵な演奏のプレゼントをいただきました!サックスとピアノのデュオ、期待以上の演奏会でした。
2019091708.jpg
「浜辺の歌」や「里の秋」では会場の皆さんと一緒に合唱、一体感があり感動しました。コーズの「Know you by heart」は情緒があり、しっとりと。
IMG_1622.JPGやっぱり間近で聴く演奏は素晴らしい。このような演奏会に参加でき、ますます里が好きになりました。演奏者のお二人へ、素敵な演奏をありがとう!
(入居者:S様)

遅ればせながら、本日(9/15)佐倉城址公園の台風15号による被害状況を見に行って来た。矢張りあちらこちらに樹木の倒木や枝折れがあった。公園内全体を回りたかったが、体力の減退で本丸跡付近のみの写真を撮ってきました。どの写真も似たような変わり映えしませんがご覧ください。里から往復約1万歩でいい汗を流しました。

20190917.jpg2019091701.png


下図の写真は、千葉県指定天然記念物のモッコクである。

戦中の佐倉第57連隊の兵士が、そのモッコクの幹に、出陣直前にと思われる「昭和18年10月」「砲隊」と落書き文字が彫られて(銃剣によると想像される)ている。ただし、写真には撮れなかった。


    モッコクの説明板

2019091702.jpg

説明板と異なる部分の彫り文字(拡大)  倒壊した真ん中に当たる部分
209091704.jpg
(入居者:のらくろ)
2号館にあるレストラン厨房の改修工事がいよいよ始まりました。9月~12月中頃までかかる、大掛かりな改修工事です。

201901402.JPG
2019091403.JPG
現在は仮の厨房ですが・・・、「これで完成でいいんじゃない?」(T様)「明るくなって素敵ね」(I様)などのご意見もいただきました。
2019090405.JPG
お食事の内容が変わったり、お好みメニューがご用意できないなど、皆様に一時、ご迷惑をおかけします。

工事が終わる12月にはもっと素敵な厨房に生まれ変わります。皆様、どうぞご期待ください。
(コミュニティ担当職員 白石)
ボランティアでお邪魔している保育園で、敬老の日を前に『ふれあい会』が開かれました。園児たちの「じいじ」「ばあば」と一緒に、歌を聴いたり、肩をたたいてもらうなど、楽しい時間を過ごすしました。
2019091301.JPG
歌に合わせての肩たたき「嬉しいなぁ」
20191302.JPG
最期に手作りのペンケースのプレゼントをもらいました
20190303.JPG
無題20191304.jpg
「げんきでいてね」
年長さんの「たいよう組」のみんなが書いてくれました。たいよう組のみんなは、あと半年で卒園です。成長が嬉しい反面、会えなくなるのが淋しいような気もします。また英語のお勉強や、絵本の読み聞かせに保育園にお邪魔します。あと半年、楽しく一緒にがんばりましょうね。
(入居者:A様・H様・M様)
台風15号の被害が連日ニュースで流れています。
佐倉市内も、停電のため信号機が消えていたり、ガソリンスタンドの給油のための渋滞など、数日は混乱が続きました。

無題201909121.jpg
 里ではわずかな時間停電になったものの、大きな被害はなく、本日はいつもと変わらない里に戻っています。入居者の皆様もお変わりなくお元気です。

(コミュニティ職員 白石)

「百日紅」の別名があるように、サルスベリの新しい枝先には夏から秋にかけての長期間、小花が次々と群がり咲きます。淡紅色の花弁だけでなく、屈曲のある樹幹、滑らかな木肌の感触も魅力的なサルスベリです。「佐倉ゆうゆうの里」では、食堂前の中庭を始め1~3号館の間に五本を数えるサルスベリを見ることができます。

(食堂前中庭の一本は、他に比して花の色は白色がまさっています)
無題2019090301.jpg
多数の蕾をつけて咲き続けます)
無題2019090302.jpg
(2号館コミュニティホールの南側)
2019090303.jpg
(3号館東部の南側)
無題2019090305.jpg
(コミュニティ特派員:U)
総アクセス数

2019年10月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Photos

  • 20191013.JPG
  • 無題2019100404.jpg
  • 無題2019100403.jpg
  • 無題2019100402.jpg

月別 アーカイブ