ケアでは定期的に生け花教室が開催されます。

今回は自画自賛のできでした。

 

20171014ks氏.jpg

追伸

2017年9月号ゆうゆうを読みました。

オキナグサ様、

妹様の訃報、お悔み申し上げます。

 

ご自身の病気と闘っておられる様子、快方に向かってる様子、

こちらも元気をもらいました。

(入居者K・S)

ゆうゆう玉手箱②.jpg
ゆうゆう玉手箱.jpg
屋台.jpg
開設20周年記念式典.jpg

img-X12151343-0001.jpg

20170930記念行事.jpg

20170908くじらの親子.jpg

 

毎年、中庭いっぱいに、

白と黒の石を使って

絵を描いています。

今年で7作目になりました。

おとうちゃん、おかあちゃん、

こどもの仲良しのくじらの親子が

できました。

 

 

20170908くじらの親子②.jpg

 

 

実際に、くじらを見たことがなく

こんな感じかな?

と想像をふくらませて作って

苦労したけど、楽しかったです。

 

( 入居者 M.F )

20170903文教大学コンサート③.jpg宇治市内にある京都文教大学吹奏楽部の学生によるコンサートが開催されました。

京都文教大学も昨年20周年を迎えており、京都〈ゆうゆうの里〉開設20周年企画に花を添えるコンサートになりました。

 総勢15名で、いずれも学校創設前後に生まれた若さ溢れる人達で、少人数とはいえ、オープニングの2曲は、吹奏楽コンクールの課題曲だそうですが、会場一杯に鳴り響き、その迫力に驚き圧倒される 20170903文教大学コンサート②.jpg演奏でした。                                        その後、指揮者兼司会進行役がマイクを持って挨拶され、母校の20周年と里の20周年の話をされました。続いて楽器の説明を丁寧にされ、「一般的に吹奏楽で使われる楽器は多いのですが、人数の関係もあり、少数精鋭のメンバーです。」と話されました。

 私はバスクラリネットを見るのは初めてで、その音色に驚きました。           

 

                         また、パー カッ ション担当の3名の能力 

                         が高く、演奏に効果を発揮されました。

20170903文教大学コンサート.jpg 「津軽海峡冬景色」の演奏において、人間が歌う曲を楽器で表現することの難しさの説明に共感するものがあり、その苦労を反映した素晴らしい演奏で心に残りました。

 本当に楽しいコンサートでした。関係者の皆様に感謝します。有難うございました。

                                 (入居者 C.N)

20170814TY氏.jpg想いがけず見事に仕上った

梅干しには本当に驚きました。

このレシピを創った人、今回

お世話になった方々に感謝。

これまではずっと宇治川の

対岸、宇治田原町大峰山の

中腹の村、高尾(こうの)梅林

名水弘法の井戸にある

無人販売所で、塩とシソだけの

昔のままの素朴な梅干を仕入れ

いましたが、ここ当分の間は

この里特製品が食卓を満たし、

元気をもらっています。

(梅干と焼海苔、これに限る)

 

(入居者T・Y)

総アクセス数

2017年10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

月別 アーカイブ