おいしいお茶と和菓子をいただきました。

お茶花のスケッチを見せてくださった生徒さんがおられ、

私もイラストの仕事をしていたので楽しくお話ししました。

私の時代と違って、とてもおしゃれな感覚をうれしく教わりました。

(入居者F.S)

 

 

20180428新緑のお茶会.png

 

 

5月のすがすがしい晴れの日、お茶摘みに参加しました。

皆さんとお会いできたし、会話もはずんで楽しかった。

20180501茶摘み①.jpg

20180501茶摘み④.jpg今年の茶葉はとても柔らかく

ぎょうさん採れました。

製茶体験は3年前の入居の見学会の時

初めて参加して以来、毎年参加して

ます。

蒸して、乾かして、最初は優しく

揉んでだんだんと強めに揉んで

いくのが美味しいお茶を作るコツ。

お茶をいれる温度を加減することも

大事なコツ。

 

 

 

 

201805012茶摘み②.jpg 自分たちで製茶し、お土産に

もらったお茶を家で急須でいれたら、

主人が、

 「今年のは特においしい!」

「甘いものがあったらいいね。」

これが一番のお目当てかな。

 

(入居者 K.M )

 

20180506クジャクサボテン①.jpgジャクサボテンを育てています。

 

今年は20個以上つぼみ

がつきました。

 

 

いつもより、たくさん

大きな花が咲いて感動です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180506クジャクサボテン②.jpg たった一日だけの花だから

毎年、とても楽しみなんです。

(入居者 S.S)

20180504珍獣.jpg4月の終わりごろエレベーターを降り

ると、目前の床に小さな黒い生き物が

蹲っている。

はじめネズミかと思った。

床をトントンと足踏みしてみたが、

動かない。

アリもハエも集っていないので、頓死

間もないらしい。

よく見ると目が無い。口先も尖っている

ので、どうやらモグラかな...。

インターロッキングに横たわっていて、

色が紛れこんでしまうので、部屋から

手袋とカメラを持って戻り、近くの

プランターの上に亡骸を移してやり、

写真を撮ってから、近くにいた職員

適当な処分を依頼しておいた。

自分にとって、普段動物図鑑などで

目にするモグラとはイメージが異なる

ので、写真をプリントしてCCの職員など

に見てもらったところ、モグラの一種には違いないが、全身が黒色の毛で

覆われており、やや小ぶりな点などから、珍種の可能性があるとのこと。

いずれにしても、通常土中で生息する

モグラが、何故地上に出て命を落としたのか辞書を調べると、次の記述が

あった。

...モグラは普段地中に住み、地上にはめったに出てこないため「太陽に

当たって死んだ」と誤解されている。実際にはモグラはしばしば昼間でも

地上に現れるが、人間が気付かないだけである。

死んでいるのは、仲間との争いで地上に追い出されて餓死したものと考え

られる...(ウィキペディア)

いずれにしても、生まれて初めて目にしたこの小さな生き物の骸に、少々

憐れみを感じた。

 

(入居者 N・M)

 平成28年10月に入居しました。

 恒例行事として年4回開催される「歌ごえサロン」(2018年4月26日)に

初めて参加しました。

予告で日時、12の曲目、時間が掲示されていましたので、これらの事を

知った上で興味をもって会場へ行くと、入口で栞が渡され、それには

12曲の歌詞と作者一覧(作詞者、作曲者、作成年)が載っており、

すっきりとした良く出来たものでした。

 私は残念ながらスケジュールの都合で途中参加となりましたが、会場の

準備、司会進行、演出、フルート演奏、ピアノ伴奏、全てゆうゆうの里の

スタッフの皆さんによるもので、工夫と努力のあとが感じ取れました。

 参加者は、世代こそほぼ同じでも歩んで来た道、環境は一人一人

なり、歌への思い入れもそれぞれだと思いますが、それを配慮しての

心配りか、選曲は明治、大正、昭和、平成に亘り、祖父母や父母の

口ずさんだメロディを子供心に刻み込んだもの、自分が好んで歌った

ものなど。司会進行も限られた1時間という枠の中で、栞の内容を補足

するように時代の背景や作成の裏話など織り交ぜて心地よくよどみの

ないもので、あっという間の時間でした。

途中ティータイムもあり、喉をうるおし水分補給をと紙コップのサービス

あり、心のこもった構成だったと思います。

 歌は、からだ・こころにパワーを与えてくれるもの。スタッフの皆様に

感謝すると同時に、今後もより良いものを目指して続けてくださるよう、

エールを送りたいと思います。

(入居者  K.H)

 

20180426歌②.jpg 20180426歌①.jpg

20180503歌ごえ.jpg私たち夫婦はクラシックのコンサートに

もよく出かけますが、この「歌ごえサロ

ン」は大変楽しみにしており、入居以来

欠かさず参加しております。

 この「歌ごえサロン」では、毎回おそら

でも知っている昔懐かしい歌を、

歌の背景やエピソードを交えて丁寧

解説していただけるので、うろ覚え

歌でも、ピアノの伴奏を聞くと

思わず口ずさむことができます。

 今回も10曲のうち、歌ったことの

ない演歌が1曲ありましたが、直ぐに

慣れて2番以降はきちんと歌うことが

できたように思います。

 

  

  用意周到に準備されるご担当の方深甚の敬意を表します。

  また、思わず笑いを誘うような寸劇もしばしば行われ、運営される職員の

方々の「何とか入居者の皆さんに楽しんでもらいたい」という心遣いを

いつも嬉しく思っております。

この「歌ごえサロン」を運営される職員の皆様方のご負担は大変なもの

があろうとは思いますが、それでも今後も長くこの「歌ごえサロン」が

続くように祈っております。

 

(入居者T.T)

20180303桜.jpg

20180330造形盆栽クロッカス.jpg今年最初の造形盆栽の作品は

「クロッカス」でした。

黄色と紫色のどちらかにと先生

からたずねられ、迷わず紫色に

しますと云って出来上がった

作品をCCのカウンターに置いて

もらっています。

見てくださった方から、よく咲い

いるね、とか感想をいただき

ます。

本物と思っておられる方も

いらっしゃいます。

実は我が家には球根から植えた、

紫色の鮮やかな本物が咲いて

いました。

しかし1週間もすると枯れて

しまいましたが、造形盆栽は

今だに色鮮やかに咲いいます。

(入居者A.I)

20180317南房総.jpg3月5日から、千葉南房総半島に花を見に旅行しました。

「房総の休日」という休暇村の泊プランで、3日間午前中マイクロバスで案内して頂く予定したが、あいにく雨の日々で、参加者が少なく3人だけだったので、運転手さんの厚意で、好きなお寺とか希望を伝えて案内して頂き、とても有意義な休日でした。

花と言えばポピーの里と、フラワーロードの菜の花と温室のストックかな・・・。

1日目 布良崎神社

二重の鳥居越しに、富士山が

スッポリ収まる景色が有名です

が、雨で姿が見えず残念・・・

 

 2日目 釈迦涅槃仏

(常楽山 萬徳寺)

体長16m 重さ30tの青銅

製では世界一とか

圧倒され、美しかった

 

 

 

 


 

3日目 妙音院(安房高野山)

お寺の住職さんが奈良県五條市

の出で大いに気が合い、ゆっく

りお詣りさせていただき楽しかった

 

 

 

4日目 館山に出て、古寺

めぐりしました

大福寺(崖観音)

崖に掘られた観音様を拝観

するのを楽しみしていました

・・・が、崖のあまり高さと、

雨天で足元も悪かったため

拝観を断念しました

 

  那古寺

(坂東三十三観音の御札所)

 

 

 

 

 

 

 

 

鶴谷八幡宮

(本堂の天井の龍の彫り物は

 すばらしかった)

 

 

 

 

 

 

 

 終日はやっと晴れて、館山湾

(別名 鏡ヶ浦)も、波が美し

く、富士はお目にかかれなか

ったけど、満足して帰路に

つきました

 

 


(入居者S.H)

20180303ひな祭り.jpg今年のおひなまつりは集会室で

開催されました。

今迄のお茶室では参加者が多く

なるとゆっくり拝観出来にくい時も

ありましたが、今年はいろんな

コーナーが設営されたので、

1.段飾り(東西のお内裏様の

  ちがい)

2.いろんな種類のお人形(殿上人

  から庶民、子供の表情や衣装の

  美しさや面白さ)に気づかせて

  くれました。

もっと早く出かけれれば、もっと沢山

方が参加されればよかったのに、

と思いました。

甘酒コーナーでゆっくり甘酒を

よばれたり、ゲームコーナーでは

少女の日遊んだ塗り絵やカルタ等

が用意されており、又、ハイテク

コーナーでは立体的な雛飾りを見た

り...。

日常では味わえない設営に、お人形

を提供して下さった方、準備して

下さった職員の方々に感謝の気持ち

でいっぱいでした。

 

(入居者T.O)

総アクセス数

2018年5月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別 アーカイブ