参加する楽しみ、つくる喜びの最近のブログ記事

20191104プリザーブド①.png

 

今回、プリザーブドフラワーの

アレンジメント教室に参加させて

いただきました。

シンデレラのようなガラスの靴の

中に、バラやあじさいなどの

プリザーブドフラワーを形よく配置

したら出来上がり。

ピンク系はかわいらしいイメージ。

ブルー系はゴージャスな感じに

仕上りました。

 最後は皆さんで記念撮影のあと、

なごやかな茶話会でおしゃべりを楽しみ

優雅なひとときを過ごすことが

できました。

(入居者T.Y)

無題01.png ケアセンター2階ルーフテラス

ある「ゆうゆうガーデン」で

育てたさつまいもを収穫

しました。

晴天で、少し暑いぐらいの

天気でした。

 

 

芋ほり001.png

想像以上に大きいのが獲れて

ビックリした!

栗を入れて食べたのが

おいしかったです。

 

入居者T.W)

20191020歌声サロン②.png毎回、歌ごえサロン

(2019年10月20で35回目)に

参加しています。

もう35回になったのかと、全回

加の私としては感無量です。

・歌ごえサロンという

ネーミングもいいし

・あらゆるジャンルからの

選曲もいいし

・プログラムも楽しいし

もともと芸事(げいごと)は

洋の東西を問わず大好きで、

多少の心得のある私としては、

今回はどんな曲があるのかな?

と、とても楽しみです。

又、毎回、面白い寸劇(すんげ

き?)を職員の皆さんが披露

してくださって、お茶もいただ

いて一時間はあっと云う間に

過ぎてしまいます。

  本当に皆さんの努力

(特にプロデュース職員)に

感謝しております。

今後共楽しい企画を期待して、御礼の言葉とさせてただきす。

(入居者 T.T )

無題001.png

第22回ゆうゆう祭2日目。

今年も昼食の屋台では、

恒例の「鮪の解体ショー」が

行われました。

食事サービス課の腕自慢の

イケメン三人衆が見事にさばい

てくれました。

 

 

無題002.png会場はお刺身を待つ行列で賑わ

いました。

 

 (コミュニティ職員)

20191006ケア玉手箱.jpg

 

 

 レフア&レイナニの皆さま

が、今年も晴れやかな

フラダンスを7曲披露して

くださいました。

ご入居者の皆さまも真似て

踊られるなど、とても楽しい

時間となりました。

 

 

 

 

 

 

 

ケアサービス課 職員

20191005パフォーマー.jpg

去る10月5日(土)、京都ゆうゆうの里で第22回創立記念行事"ゆうゆう祭"

が行われ、その一環として、大道芸人・パフォーマーLEOさんの素晴らしい

演技を楽しませていただきました。

ひやひやする2メートルの高さの一輪車演技、ジャグリング、更には

バランスの取り難いスリル満点の曲芸など盛り沢山の演技に、満場は

終始拍手がやみませんでした。

パフォーマンスの最後に、"ゴム風船で或るものを作りますから、作成中に

何を作っているのかを会場の皆さんに当てていただきたい"とのことで

作成が始まりました。

しばらくして作成中に車輪のようなものを作り終わり、もう一つ同様な

ものを作り出したので、一瞬"自転車"ではないかと思い、間髪を容れず、

挙手をして"自転車"と叫んだところ、「その通りです」とのこと。

これは「全くの第6感のまぐれあたり」でした。

(入居者K.S)

20191001ゆうゆう祭司会練習.jpg月が替わり、いよいよ京都

〈ゆうゆうの里〉のお祭りで

ある「ゆうゆう祭」が近付い

きました。

今週末の開催に向けて、写真

では司会の練習をしています。

 周りではその様子を厳しく

(?)チェック!

 楽しいお祭りになるよう、

皆で頑張ります!

 

(コミュニティサービス職員)

20190926ゆうゆう祭準備.jpg来月行われる第22回ゆうゆう祭の

舞台準備を行いました。

舞台を高く、大きなものに替え

紅白幕で飾り付けると

一気に華やかになりました。

皆で力を合わせ、盛り上げていきたい

と思います。

(コミュニティサービス職員)

20190916オカリナコンサート.jpg

 去る9月16日、喫茶白川にて伊澤隆志氏のオカリナリサイタルが

催された。

 愛と平和のフルート奏者を自称する氏は、またオカリナ、ケーナの

名手でもあり、あまた受賞の経歴をお持ちであるが、特に昨年度の

日本オカリナコンクールで第一位の成績を得られている。

 また氏はギネス記録のファンでもあり、過日行われたマトリョミン

(電子楽器)による大人数演奏会にも参加され、絵尾の時に演奏

されたベートーベン第九の歓喜の歌を、リサイタルの当初に

マトリョミンによって奏でられたのは一種のお遊びであった。

 リサイタルのメインは「喝采」、「君といつまでも」、「愛燦燦」...

などなど、我々の年齢の人々にとっては馴染みの深い日本の

歌謡10曲を、3オクターブ半以上の音域のある4連オカリナを駆使して

行われ、しっとりと力強い巧みな演奏は、編曲の妙とも相まって、聴衆を

心地よい夢の世界に導き、深い感銘を与えてくれた。

 また最後にシングルオカリナによって演奏された、日本オカリナ

コンクールの課題曲「アストウリアス」の速いパッサージ演奏の超絶

技巧は、さすがコンクール一位の実力を如実に示したものであった。

 文句なしに有意義な一時間を過ごさせてもらったものである。

(入居者T.A)

20190906夏祭り.jpg

初めて参加した夏祭り。飲んで踊っておしゃべりして本当に楽しかった。

普段は「こんにちは」「こんばんわ」だけしかおしゃべりしたことがない

人と、今宵は夏祭りの気分が盛り上がり、昔から知っている人のように、

気楽におしゃべりができた。こんなことから親しくなれる友達ができれば

嬉しいな♪

このようなチャンスを作ってくださった里の皆様ありがとう

ございました。

また、準備や後片付けご苦労さまでした。

(入居者Y.Y)

総アクセス数

2019年11月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別 アーカイブ