参加する楽しみ、つくる喜びの最近のブログ記事

20190910 サポーター.jpg

先日、認知症サポーター養成講座を開催しました。

ご入居者、職員、多数の参加があり、認知症を正しく理解し、

それぞれが自分でできる範囲で、認知症の人やその家族を見守り

応援していけることを学びました。

今後も定期的に開催し、認知症の人に優しい高齢者コミュニティ

としての土台を築きあげていきたいです。

ケアサービス課 職員

20190724篠笛とギターのコンサート22.jpg 20190724篠笛とギターのコンサート1 1.jpg7月24日(水)に、生活サービス課の企画運営による表記コンサートに

参加しました。

事前の思いでは正直なところ篠笛とギターのジョイントコンサートでは、

大きな集会室で催をされるには、あまり迫力もなくもなく物足りないの

ではないかとの感じを持っておりました。

若年の昔から音楽の好きな私ですが、ギターは少々手にしたこともあり、

知っていましたが、恥ずかしながら篠笛という楽器を理解していなかった

こともあり、期待していなかったところです。

然しながら演奏が始まると・・・この思いは一変しました。

その音色は洋楽器のフルート、クラリネットなどの管楽器のそれと

異なり、又和楽器の尺八、横笛ともまた違ったものでした。

私の稚拙な文章では表現できない深みのある優しさの感じられる

もので驚き、聞き入りました。

これは勿論、演者の方の技量によるものであると思いますが、篠笛に

対する私の理解は一変したのです。

コンサートの内容は、独奏・ギターとの合奏(ジョイント)を選曲されて

いていずれも満足のいくものでした。篠笛の演者である女性は司会、

進行、演奏と一人何役もこなし、なお、少々おどけたパフォーマンスも

見せていただき、又、後半の入居者(参加した聴衆)の合唱の指導も

当を得ており、適当に参加者へのお世辞も入れて笑いを誘うなど、

会の雰囲気は上々でした。いまもなお篠笛の音色は耳の奥に残って

おり、胸をうつ感動は止みません。

かなわない希望ですが、機会があれば再演があることを願っております。

その際には曲想も変え、クラシックの名曲のオペラやシンフォニーの

一節を聴かせていただければ嬉しく思います。

特にドヴォルザーク作曲交響曲第9番「新世界より」の第2楽章の一節

「家路」など最高ではないでしょうか。

勝手な感想を長々と述べましたが、このコンサートが本来2カ月前の

5月22日に予定されていたところ、長い期間をおいて延期開催と

なったにも関わらず、モチベーションを維持しつつ京都ゆうゆうの里へ

来演していただいた演者のお二人に敬意を表します。

(T.I)

20199711歌ごえサロン 4.jpg 20190711歌ごえサロン(3).jpg 20190711歌ごえサロン(2)1.jpg心待ちにしている「歌ごえサロン」が、7月11日に開催された。

今回は、一般によく知られていて、歌いやすい曲が多かったという印象

であった。

聞けば、9年前にスタートしたとか、もうそんなに時を経たのかと、驚きを

もって思うほどに、毎回新鮮な雰囲気を感じさせるイベントである。

今回、マーチングベルリラまで登場、ピアノの連弾あり、ゲームあり、

いつもながら入居者を飽きさせない担当者の努力に拍手。

われわれの年代は、はしたないと思われるので、人前で大声を出すのは

控えるのが美徳とされる環境のもとで育ったためか、「大きな声で

歌いましょう」と言われても、なかなかそういう訳に行かないのが通例

だが、此処では不思議とブレーキがかからない。

その辺にもプロデュースする人達の、さり気ない努力が垣間見える、

優れた催しの一つだと思う。

まだまだ長生きをして、元気よく、大きな声で歌ってやるぞ!

(入居者:NM)

20190723お茶12.jpg20190723お茶2 1.jpg日本茶インストラクターの辻三和子先生の飾らない

 

お人柄とお話に導かれて、冷茶のおいしい淹れ方、

 

楽しみ方の教室は、聞き茶(玉露・煎茶・ペットボトル茶

 

の飲み比べ)から始まりました。

 

   続いて水出し緑茶、冷茶、熱湯氷出し茶の作り方と試飲、

  

   お茶の成分とお茶の歴史まで、お話はどれも興味深い

   

    ものでした。

 

   次に、参加者一人一人に準備されたお道具で自分で煎茶を

 

   淹れることになりました。

   

    期待と不安で緊張しましたが、先生のご指示どおりに、

 

   正確に量られた茶葉、注ぐお湯の量と温度、待つ時間と

  

   心を込めてゆっくりと淹れた一煎目のお茶の甘さと

  

   こくのある美味しさは本当に特別なものでした。

 

   あずまやの外は梅雨明けが待たれる蒸し暑い日でしたが、

  

   茶室の中には二煎、三煎と淹れるお茶に美味しいお菓子と

  

   静かな至福の刻が満ちていました。

KD)

 

  20190710花苗植え.png

初夏の花を植えました。雨ふりの毎日でしたが、この日は曇り空。

風も少しあり、とても過ごしやすい時間となりました。

ひまわり、コスモス、なでしこ、ジニアなどなど。

ハーブはローズマリーとタイムが新しく仲間に加わりました。

良い笑顔と真剣な表情をパチリと一枚、撮らせていただきました。

(ケアサービス課 職員)

お茶の淹れ方.jpgお茶の種類、茶畑について、お茶の作り方、お茶を淹れる

ときのポイント、お茶の保存方法等を辻 三和子先生の

わかりやすい説明で先ず学習いたしました。

続いて無農薬の煎茶を味わい、参加者一人一人が煎茶を

淹れて、おいしいお菓子とともに味わいました。

最後は、三煎後の開ききったお茶の葉をゴマとポン酢醤油

でいただきました。酢の物の一品かサラダのようでした。

毎日飲んでいるお茶ですが今までいかにいい加減に淹れ

ていたか大いに反省すると同時にもったいないことをして

いたと思っております。

次回は「水で出すお茶」の淹れ方について教えていただける

そうですので是非参加したいと思っております。

(Y.I)

20190507茶摘み岩本氏②.jpg夏も近づく八十八夜 ♫

新緑がとても清々しい中、ウグイスの声を聴きながら歩いてすぐの

萬玉園さんの茶畑でお茶摘み ♪

むしゃむしゃと食べたくなるほどの柔らかい新芽。

ワイワイ言いながらも、かつ真剣に40分ほどの摘み取り作業。

20190507茶摘み岩本氏③.jpgさて、午後からは製茶!

みんなで摘んだお茶の葉を「お茶」に仕上げる作業です。

摘んだばかりの新芽を蒸し器で次々と蒸しあげ、蒸しあげた葉をホット

プレートの上に広げて水分を飛ばし、それを手で優しく揉んでやると、

中からじわ~っとが出てくるのが判る。

その葉をまたホットプレートで温めて乾かし、手で揉んで・・・。

乾いているかなぁと思った葉も、揉むとまた水分が出てくる。

「まだ湿ってるわ~ もうええかなぁ~ まだあかんわ~」

という言葉を何回繰り返したことか。

そのうち、カサカサという感じになり、やっと完成!

やったー できた~! はぁ~ お疲れ様でした。

20190507茶摘み岩本氏④.jpg出来あがったばかりのお茶を、季節のお菓子と共にいただく。

自分たちで作り上げたお茶は、苦みは無く、どこかほんのりと

甘味さえ感じ、ほんわりと、のどかさを感じる一日でした。

( 入居者 A・I )

 

 

                                20190507茶摘み村田氏③.jpg

うぐいすの声が聞けたのが

嬉しかったです。

また、天候にも恵まれ、新鮮で

とても意義深く楽しかったです。

(入居者 K・M)

 

 

 

 

沢山の方とお会いすることができ

出会う人に恵まれていました。

今日は一日良い日でした。

楽しかったです。

 

(入居者 Y・N)

 

  20190507茶摘み村田氏④.jpg お天気も良く、お茶摘みの時から楽しめました。

みなさんと一緒に参加することができ、とても充実した一日でした。

毎年、楽しませていただいているのですが、今回は令和と改元一週間後、

若いリーダーと若い職員とお会いすることができました。

職員の皆さんが優しく、とても親切に行事に参加してくださる事に

感謝し、それが私の生きがいとなっています。

(入居者 S・M)

 

 

 

 

 

①20190511岩井氏座布団.jpg

 カフェテリア白川のテラス席に敷いていたシートクッションを、そろそろ

新しいものと思っていましたら、ご入居者が手作りして

来てくださいました。

感謝です。

「長編みで帯状に編んではるんやね。組んであるから厚みがあって

心地良いわ」

「バラの花のようできれいですね」

「6枚も上手に編んでくださってありがたいことです」

皆様からも嬉しい感想が寄せられています。 

(カフェテリア白川) 

20190511岩井氏座布団③.jpg

 

 

20190402桜茶屋①.jpg

 

桜茶屋❀

たくさんの方に

来ていただきました。

 

  

 

 

 

 

桜はまだ少し

早めでしたが

職員さん達の

お心使いで

楽しいお茶会に

なりました。

ありがとうございます。

( 入居者E.O )

 

 

 

 

煎茶インストラクターの

においしいお茶を

いれていただきました。

   

 

 

 

 

 

美しい桜を賞でながら

美味しいお茶、お菓子を

いただき、ほっこり

いたしました。

 

久し振りに

お会いした方々も

お元気なご様子で

嬉しかったです。

 

楽しい一時を本当に

ありがとうございました。

( 入居者F.N )

総アクセス数

2019年9月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

月別 アーカイブ