20220829花オクラ3.jpg入居前の2020年に取れた花オクラの種を撒きたくて農園を借りました。1年空いているから大丈夫かなと思ったけど、こんなにたくさんの花をつけてくれました。




20220829花オクラ5.jpg
花オクラはオクラとは別物で、花オクラよりも大輪の花を咲かせ、花の部分を食します。(実は固くて食べられません)



20220829花オクラ6.jpg
花が開く前、朝のうちに収穫します。食べ方は、そのままサラダに入れたり、生ハムを巻いて食べたり、さっとゆがいてお浸しにしたり・・ きれいなレモンイエローが料理に映えます。食べるとオクラのネバネバ感が少しあり、不思議な食感です。(入居者 Y.Y)

20220820ゴーヤ1.jpg


ゴーヤのつるの仕立てが悪く、葉っぱがジャングル状態に!
表面ばかり眺めていたため、実が生らないなあ~と思っていた。
















20220820ゴーヤ2.jpg葉の剪定をしていたところ、仕立ての中程にジャンボサイズの真黄色のゴーヤの実2つと標準サイズの緑色の実1つが隠れていたのを発見し収穫しました。



20220820ゴーヤ4.jpg
その大きさと色のどぎつさに唖然としました。 
黄色のゴーヤをネットで調べてみると、シャキシャキ感は少し失われるが、苦みが減り糖度が増して幾分甘くなっているとのこと。 


20220820ゴーヤ5.jpg
中身の赤い種は周りのゼリー部分がデザートのように甘いので、沖縄では子どものおやつとして食べられているそうです。早速サラダにして食べてみると、まだシャキシャキ感が幾分あり、苦みが少なくて食べやすかった。
緑色のゴーヤもいいが、黄色のゴーヤもいいかもと思った。(入居者H.K)                         

今年初めて4月に植えたひょうたん南瓜の種が、8月には立派に成長しました。

1つのツルから6個ぐらいのひょうたん南瓜ができました。

色も白くて大変珍しい。味はどうかな?

IMG_20220810花①.jpg IMG_20220810 芽②.jpg

IMG_20220808実①.jpg IMG_20220810実大①.jpg

IMG_20220808T様①.jpg

食べ方は、スープで食べるのが美味しいそうです。

楽しみです。(入居者K,T)

20220809ケイトウ0.jpg
夏の生け花
夏の定番のテッポウユリ、リンドウ、ケイトウを活ける。白、紫、赤の配色が鮮やかで、お盆の頃の床の間を彩る。
5輪の固い蕾のテッポウユリは次々に開花して10日間、部屋が明るくなった。




20220809ケイトウ1.jpg
植物の不思議
ケイトウといえば雄鶏(おんどり)の鶏冠(とさか)のような花を思い浮かべるが、花ではないという。
これは茎の生長点が、幅広の帯状に広がるために起こった現象で帯化(たいか)などと呼ばれる。その原因はよくわかっていない。
ケイトウでは帯化が遺伝的に固定され、鑑賞用に栽培されている




20220809ケイトウ3.jpgケイトウの花
鶏冠の下に、小花が密集している。小花は雌しべ1本と雄しべ5本からなるという。
花が咲いて1・2週間もすれば黒い種子ができて、パラパラ落ちるようになる。
ヒユ科の一年生植物。ほうれん草も同じ科であるのは意外であるが、共に小さい風媒花であるという。(入居者 M夫妻)






20220802花版売③.jpg
今日、はじめて「花リンクス」という花屋さんが出張販売に来てくれました。色とりどりの夏の花の買い物を楽しまれていました。



20220802花版売①.jpg



お盆用にききょうとケイトウの鉢を買いました。
次々咲くよう、つぼみの多いものを選びました。(入居者 Y.H)

















④.jpg



花壇用に、暑さに強いベゴニアを買い求めました。(入居者 K.T)



















20220802花版売②.jpg


今日、鈴蘭台にお花を買いに行こうと思っていたの。ちょうどよかったわ。
ユリとバラを買いました。
(入居者 A.K)

ノウゼンカズラ
 朝一番、二号館の窓を開けると、道路沿いの出入り口の門脇で咲くオレンジ色の花が、パッと眠気を覚ましてくれる。