「今までのつながりを覚えていてくれて、またこうやって来てくれて、

とても嬉しかったわ。地元の子どもたちとも早く会って、

元気な声を聞かせてもらえる日が来るのを楽しみに待っています。」

 入居者S・K IMG_4730 blog.jpg

IMG_4737 blog.jpg

今秋の神戸聖地霊園の墓参会も、コロナの影響で、引き続き中止となりました。本部常務理事と神戸施設職員の代表が、本日お参りに行ってまいりました。

来年こそは、ご入居者、ご遺族の皆様と集い、ご一緒にお参りができますことをお祈りいたします。(コミュニティ職員)

 

IMG_4689low.jpg

IMG_4691low.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4708low.jpg

曇り空でしたが、秋の深まりを感じながら、少し長めの徳川道ウオーキング90分コースに参加しました。

今回は、ペースがやや早かったですが、いい運動になりました。(入居者 Y.N)

IMG_4630low.jpg

 

 

 

 

IMG_0104low1.jpg

          ユリ科ホトトギス属  分布:日本、東アジア

高齢で外出が少なくなったため、里の渡り廊下などの生け花を眺めるようになった。その中の珍しい花について詳しく調べながら楽しい時を過ごしている。

和名の杜鵑草は、花にある紫の斑点を鳥のホトトギスの胸にある斑点になぞらえた。

葉は先のとがる長楕円形で対生し基部で茎を抱く。

 

 

IMG_0093low2.jpg

                 花を横から撮影

花期は8~10月。花は径2.5㎝ほどで、漏斗状鐘形。花びらは6枚。花びらの内側では6本の雄しべが突き出て、その内側の花柱(雌しべ)を包む。

花の付け根にある丸いコブは「距」で蜜を含むが、ハチによる受粉で結実することは少ない。ホトトギスは多年草で1株植えると増えてゆく。

 

 

IMG_0090low3.jpg

                 花を上から撮影

團 伊玖磨「重ね重ねパイプのけむり」に「杜鵑草」があった。

そこで印象に残ったのは、雌しべが花全体に比して大きく、櫓(やぐら)状に中央に立つことと、花柱の先の柱頭が3つに分かれ、その先がさらに2つに分かれることであった。珍しい花である。(入居者 I.M)

今年もコロナの影響で、オープンスペースでの作品展となりました。

IMG_4593low.jpg

IMG_4616low.jpg

IMG_4617low.jpg

今年入居した記念に、色えんぴつ画とビーズで作ったブローチを出展しました。(入居者 K.I)

IMG_4599low.jpg

10月下旬に入居したところです。ちょうどハロウィンの時季なのでにぎやかになっていいかなと思って出展しました。(入居者 H.K)

IMG_4591low.jpg

IMG_0047mini.jpg10月の生け花

渡り廊下の中程にしゃれた花瓶が置いてあり、華やかな「青色孔雀アスター」に野趣のある「ワレモコウ」を散らして活けてある。楽しく眺めている。

入居者Nさんが育てて活けた花である。

 

IMG_0062mini.jpg

青色孔雀アスター

紫色の小さな花が多数咲いて美しい。キク科シオン属の宿根アスターで園芸種。北米原産。

 

ワレモコウ

アジアからヨーロッパにかけて広く分布する。根生葉から茎を出し高さ1mほどになり、枝先に穂状の花序を付ける。花期は8~10月で、花序は暗紅色。バラ科ワレモコウ属。

吾亦紅:吾もまた紅なり

 

IMG_0082mini.jpg

参考資料の写真

ワレモコウの花は花序の上部から咲き始める。花弁はなく、萼片は4枚、雄しべは4本。

花弁のある花は短期間で色があせるが、ワレモコウのように花弁がなく、萼が花の彩りになっている花では長くその色が残る。

葉は羽状複葉で、小葉の縁には鋸歯がある。

参考資料 ワレモコウ(ous.ac.jp) (入居者 I.M)

IMG_0016 (1)mini.jpg胡蝶蘭は美しいだけでなく、特徴のある花である。花は3枚の花弁と3枚の萼片で構成されている。

花は左右対称になっており、花弁は2枚の側花弁・1枚の唇弁、萼片は1枚の背萼片・2枚の側萼片で構成されている。

唇弁は虫を誘うために美しく飾られ、受粉のための虫の着地点になっている。

 

IMG_0014mini.jpg

胡蝶蘭の受粉

唇弁に虫が止まって花の奥に入ろうとしたとき、葯帽の隙間からのぞいていた粘着体がその虫の頭~背中に付着する。

すると粘着体につながっている花粉塊が引き出され、虫に運ばれることになる。

その虫が別の花に入ろうとしたとき、花粉塊は粘液に覆われた柱頭に付着し、柱頭に吸収されて受粉が完了する。

 

IMG_0011mini.jpg

参考資料の花の写真  花の構造がよく分かる。

ずい柱:雄しべと雌しべが合着した構造でラン科に特徴的である。ずい柱の先端に葯帽があり、その奥には粘着体付きの花粉塊が納められている。

参考資料 洋ラン(plala.or.jp)   (入居者 I.M)

心地良い風を受けながら出発した。

IMG_4509-01.jpg

 IMG_4518.jpg道を覚えてまた散歩しようと思い初めて参加した。坂の上り下りがキツく不安だったが 「大丈夫?ペース落ちずに歩けてるよ。がんばって里目指そう‼」他の参加者に励まされながら、明石海峡大橋など景色も楽しみウォーキングできた。(M夫妻)

夏の間お休みだった徳川道ウォーキングが再開となりました。

3~4年振りに参加しました。ちゃんと最後まで歩けるか心配だったけど、お喋りしながら、野の花を見ながら、どんぐりも拾って楽しく歩く事が出来ました。(入居者N・S)

IMG_4487low.jpg

お天気が良すぎて暑かったですが、時間は60分ピッタリで帰里です!

IMG_4492mini.jpg

10月に入りカレンダーラリーが始まりました

IMG_4472-01.jpg

家に居ても動かないし クイズでもないと外を歩かないからね。いろいろ周れて運動になるから楽しいわ!(F.E)

 

 

IMG_4475-01.jpg

歩くやろ、ええことや。現地クイズもあって運動にもなるし。だからカレンダーラリー好きや。この前は賞品もらえたから今年もクイズ好きやし頑張るわ!(Y.T)

 

 

総アクセス数

2021年11月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

最近のコメント

日本橋花子 on お久しぶりです: コロナ禍でもこうして
Y.O. on ホトトギス(杜鵑): 先日、花の名前がホト
Y.O. on 文化作品展に出展しました!: どれも素晴らしい作品
日本橋花子 on 文化作品展に出展しました!: しばらく自宅待機期間
日本橋花子 on ワレモコウ(吾亦紅): 渡り廊下にいつもそっ
Y.O. on ワレモコウ(吾亦紅): 渡り廊下の中程にいつ
Y.O. on 胡蝶蘭: こんなにじっくりと胡
Y.O. on 徳川道ウォーキング初めて参加しました: M様、道は覚えられま
Y.O. on 徳川道ウォーキング60分コース: まだまだ日中は暑いで
Y.O. on カレンダーラリー2: 待ちに待ったカレンダ

Photos

  • IMG_4737 blog.jpg
  • IMG_4730 blog.jpg
  • IMG_4708low.jpg
  • IMG_4691low.jpg

月別 アーカイブ