2012年2月アーカイブ

ゆうゆうの里で100歳を迎えました。DSC_0002.JPG

やさしい子ども達に 囲まれて心

丈夫です。

職員の皆さんからもたくさんお祝

いの言葉を頂きました。

有難うございます。

         ( 入居者 S.O )

 

 

丸々1世紀生きたのだからすごいことですよね!        ( 息子様 )

 京都ゆうゆうの里付近は、藤原氏の別荘地で

  あったと聞きます。又、歴史の資料に「宇治市

水陸交通の盛んな処として栄え平安時代には

族が別荘を営む」とあります。この里に数年暮

して感じる事は、里は高台にありながら京都市

より過ごし易く貴族が別荘地としたのも納得で

ます。今回掲載の写真はこの冬初めて雪が降

り、うっすらと雪化粧した景色です。上段は入居

者の散歩道の入り口付近、中段はその右手にあ

る里の遊歩道の入口、下段は宇治でも最高の

玉露や抹茶などを作っている茶畑です。

20120220雪景色2.JPG

 

 余談ですが、ここから歩き始め「後冷泉帝

后」が建立した金色院の鎮守と伝わる「白

神社」まで往復3キロを毎朝日課として歩い

いる方、神社よりさらに足を伸ばしてモミジ

谷とも称され、東海道自然遊歩道の通じるハ

イキングコースを通り平等院まで行く方も

います。               (里の旅人)

 

                                        20120220雪景色3.JPG

20120117アフタヌーンティa.JPG「アフタヌーンティ」の中で英語で歌わ

れた「エーデルワイス」という曲は、映

画「サウンド・オブ・ミュージック」の中

で歌われた曲で、オーストリアからア

メリカに亡命し成功したという内容だ

ったと思います。とても懐かしく思いま 20120117アフタヌーンティb.JPG

した。又、「オーソレミヨ」という曲はイ

タリア語で歌われていたと思いますが、

素敵な曲なので、是非覚えたいと思い

ます。

(入居者 K.S )

 

 

20120117アフタヌーンティc.JPG

  20120211アフタヌーンティ2.JPG本格的に声楽を学ばれた方々で素敵でした。

ピアノも歌も素晴らしく、幸せな気持ちにな

りました。             (入居者M・S)

2012_0211アフタヌーンティ1.JPG

 

 

 

セミプロの方のようで歌声

良かったです。             

        (入居者T ・Y)

 

 

  

 

2012_0211アフタヌーンティ3.JPG恒例となりましたバレンタイ

ン企画「アフタヌーンティ」。

美味しいケーキと飲物を召

上がって頂き、出演者ミュ

ジックアンサンブルVIVO

(ビーボ)さんの美しい歌声

を聞き、午後の一時をゆっ

たりと過して頂きました。

( コミュニティサービス 日浦)

 

節分.JPG節分といえば、壬生寺や吉田神社の

節分祭では裃を着た年男が一升枡に

入れた豆を上からまかれた事を懐か

しく思い出します。また、里ではかつ

ては節分には職員さんが赤鬼、青鬼

になって里内をまわって下さいました。

そんな楽しかったことを思い出します。

      ( 入居者 K.S )

20120124お茶会2.JPG今年で3回目のお茶会を開かせて頂き

ました。毎回お顔を見せてくださる方、

新しい方、よくまあ私共のつたないお点

前にお付き合い下さってと感謝していま

す。昨年のお薄に代わって、今年は煎

茶、玉露大福茶を喫して頂きました。日

頃より、もっともっと、美味しいお茶を入

れたい、和やな雰囲気のお茶会.JPG中で一時を過し

たいと願ってお稽古を続けてきました。こ

れ からは体力、気力共に弱まっていく年

齢ですので、少しでも活性化できるよう励

みたいと思っています。

 

 

 

第2、第4火曜、1時半より「あずまや」でお稽古をしていますので、一服、一煎、お

験しにお出かけ下さいませ。                  

( 入居者T.O )

総アクセス数

2019年2月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

月別 アーカイブ