2013年2月アーカイブ

佐倉〈ゆうゆうの里〉の近くの「里道」を散策してきました。春がそこまでやって来たようです(2月17日)。

兆しa (1).jpg

 

 

これが、ゆうゆうの里近くの田圃です。

 

 

 

 

 

 

兆しa (4).jpg

 

 

 

耕して稲作りの準備のようです。

 

 

 

 

兆しa (2).jpg

 

上図の田圃を貫くように、高崎川という川が、この近辺から約6~7kmを曲りながら、ゆっくり流れて印旛沼へ注いでいます。

この辺の川の水幅が約5~6m。

童謡の名曲『故郷』の「・・小鮒釣りし ・・♪」を髣髴させられます。

 

 

 

 

兆しa (7).jpg

 

 

 

60~70cmくらいの緋鯉を発見しました。

 

 

 

 

 

兆しa (8).jpg

 

 

川添の堤の樹木に、多くの「むくどり」も見かけました。

 

 

 

 

 

 

 

兆しa (3).jpg

 

 

この畦道の水を見て、郷里で子どもの頃には、タニシやドジョウが捕れたこと、又、夏から秋にかけて畦道を通ると稲には、害虫のイナゴの大群が捕れ、母が食膳に載せてくれて、当時は、いいタンパク源になったことを懐かしく思い出しました。

今では、農薬のためか、これらの動物は見かけなくなり、かつ、食べる人もいないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兆しa (5).jpg

 

 

 

畦道には西洋タンポポが・・。

 

 

 

 

 

 

 

兆しa (9).jpg

 

 

田園風景のために何故か成田空港行きの特急までのんびりの感じです。

(電車の先端は最後部)

 

 

 

 

 

 

兆しa (6).jpg

 

 

道中目にしたJRの電線は、スズメだらけでした。

 

 

 

 

 

 

 

(入居者 白馬童爺)

 

 

佐倉〈ゆうゆうの里〉の我が居室から眺められる、ひよどりです。

カメラを嫌っているのでしょうか、私を避けているのでしょうか、なかなか思うように撮れません。50枚くらい撮ったその一部です。ご笑覧ください。

hiyoa (f).jpg

 

 

 

 

 

着地・・いや・・着木

 

 

 

 

 

 

hiyoa (b).jpg

 

 

 

先ずは眺めて

 

 

 

 

 

 

 

hiyoa (a).jpg

 

 

餌取り。

(この寒い中、虫が取れるのでしょうか?)

 

 

 

 

 

 

 

hiyoa (h).jpg

 

 

 

頭隠して尻隠さず

 

 

 

 

 

 

 

hiyoa (c).jpg

 

 

 

少し気取って

 

 

 

 

 

 

 

hiyoa (g).jpg

 

 

 

私と目が合って・・

「コラー!無断で撮るな~」

 

 

 

 

 

☆一眼レフではなく、コンパクトカメラで撮りました。

                                     (入居者 白馬童爺)

 

佐倉〈ゆうゆうの里〉内では、まだ残雪のある中、確実に春の足音が聞こえます

(2月1日撮影)。ご覧ください。 d春.jpg                                       

ふきのとうが芽を出しました。

(管理事務所裏)

f春.jpg

青空に冴える梅の木。

(池のほとり)

 

ゆうゆう祭の時までに、管理事務所のみなさんが、毎年造る梅酒が楽しみ

 

 

 

g春.jpg  

梅の蕾も膨らんできました。

e春.jpg

 

水仙も咲き始めました。

 

 

 

 

 

a春.jpg  

 

蝋梅が盛りです。

(池のほとり)

 

b春.jpg

 c春.jpg

 

 

  h春.jpg

 

 

創立20周記念樹のミモザも咲き始めました。

 

 

 

i春.jpg

   

j春.jpg

 

 

 

 

 

 

 昨年から咲き始め、今でも次々と咲いているヤブツバキの赤を添えました。  

(入居者 白馬童爺)

総アクセス数

2016年7月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31