2018年12月アーカイブ

年納めの行事となる「餅つき」が28日に行われました。総勢204名の方が参加、会場は威勢のいい掛け声や拍手で大賑わいでした
無題1231.jpg
今年は、6名の福祉関係の学生さんがボランティアに来てくれました。お茶やお餅を皆さんにお届けするのがお役目。頑張って勤めを果たしてくれました。
123101.JPG
餅つきといえば、このお二人がいなくては・・・。
無題123103.jpg
O様は「つき手」、S様は「かえし手」


餅つきが終わり、良い年納めとなりました。次は新年祝賀会。新しい年の始まりです。今年は天候も穏やかで良い年明けになりそうですね。
(コミュニティ担当職員)
12月23日(日)楽しみにしていた、クリスマスオペラコンサート。毎回、様々な演目でいつも私達を楽しませてくれる皆さん。今回は『蝶々夫人』の歌劇を中心に、親しみやすい歌を織り交ぜながらのコンサート、最後までうっとりしながら楽しませてもらいました。
無題kurisumasu1226.png
無題12263.jpg少し早いですが、今年も素敵なクリスマスプレゼントをいただくことができました。素敵な歌声とピアノ演奏をありがとう。
(入居者:T様)
毎年恒例の東京学館高校吹奏楽部の年末コンサートが行われました。部員数が減り、8名の生徒さんでは少し淋しいかな・・・と思いましたが、実際演奏が始まると、若さあふれる迫力ある演奏で、大変素晴らしく、時間が経つのがあっという間でした。
1228konn2 (2).JPG中でも、印象深かったのは演奏の合間の皆さんの歌声。優しい穢れない歌声にすっかり魅了され、その歌声はまるで『天使の歌声』のようでした。
1228konn2 (1).JPG
来年もぜひ、ゆうゆうの里に来てもらいたいと願います。吹奏楽部のメンバーが増えると良いですね。勉強、部活に励んでください。今日は、本当に素敵な演奏をありがとう!
(入居者:I様)

◇堀田邸のカヤの木

真冬に向かい落葉樹がすべて裸になり、常緑樹である松、樫、楠など夫々の樹形が里の住民の目にはっきり映る現在、特に目を引くのは、隣接する旧堀田邸門内のカヤの木四本です。成長の遅いこれらカヤの木がいつ植えられたかは不明ですが、中でも、冠木門のすぐ内側に聳える大樹は、堀田侯のお気に入りではなかったかと推測されます。樹齢には差があるものの、四本何れも美しい円錐形を保ちながら空高く整然と枝を張っています。

1225burogu.png1225burogu2.png
(コミュニティ担特派員 U)
毎月恒例となった紙芝居。今回は「かさじぞう」と「金色夜叉・後編」。「かさじぞう」は正しい行いをする者は救われるというお話で「来年も良いことをしよう」と思ったり「子供の頃によく聞いたわね」と懐かしい思いをしたり・・・、感慨深いものがあります。kasazizou1218.png
貫一とお宮の「金色夜叉」は裏切られた男の恨み、裏切ってしまった女の身の後悔のお話ですがあまり深く考えず、読み手の一人二役の上手さで充分楽しませていただきました。

1208sibai無題.jpg
最後に「金色夜叉」の歌をみんなで合唱。楽しい時間でした。来年も楽しみにしていま~す。
(入居者H・H)
野狐台町内会の防災訓練に参加しました。
30名ほど集まり、地震体験・消火訓練・通報訓練・炊き出しなど行いました。
防災訓練町内 (4).JPG震度7まで体験できる地震体験車。さっそく体験してみました。横揺れ・縦揺れ、それぞれ体験。通常はテーブルの下に身をかがめますが、体験のため、座ったまま行いました。揺れは想像以上で、なかでも震度6強の横揺れは激しく、テーブルにしがみつかないと椅子から落ちそうになります。体験車の揺れが激しく、見ているこちらが怖くなるほどです。
防災訓練町内 (13).JPG
kunnrenn1215.JPG他にも消火器の使用方法、通報訓練など体験。冬風の寒い中、妙な汗が出るような訓練を体験。訓練を終え、我が家である里へ戻りホッとしました。日頃の備えが大事であることを痛感した一日でした。
(訓練参加者一同)

大量の海水を巻き上げたこの夏の巨大台風は各地の植物に大なり小なりの「塩害」を及ぼしたと云われている中、隣接する堀田邸庭園の紅葉にも確かにその影響が見受けられました。例年なら鮮やかな紅葉を経て落葉するカエデが、今年は茶褐色じみた赤みの少ない色のまま散って行きます。

lkouyou 1204無題.jpg

とはいえ、来園する人々は、躊躇わずにこれにカメラを向けています。とりわけ、松の緑にカエデの紅を配した堀田邸客間棟は優にカメラを誘うに足る被写体です。(右端に里の1号館5階が見えます。

kouyou12042無題.jpgのサムネール画像

一方、黄葉の代表イチョウについても塩害が云々されていますが、里と堀田邸の境に立つイチョウについては、素人目で眺める限り塩害らしきものはありません。むしろ、周囲の落葉樹が葉を落とした現在、間近から仰ぎ見ることのでき、また堀田邸前の駐車場からも目を引く大イチョウとして俄かにその存在感を増しています。

kouyo u12044無題.jpg
kouyou 12045.png
 (コミュニティ特派員 U)
「秋の祭典」の幕が閉じると里内は早くも年末を彩るクリスマスムードに移行しました。屋内では、クリスマスツリーが、ベツレヘムの星、アダムとイブの食べたリンゴの実その他の装飾をきらびやかに身に着け、中庭では、サンタとトナカイ達のイルミネーションが登場しました。イルミネーションはこれまでと異なり、三号館の廊下側から食堂や2号館の灯りを背景にして眺められるよりよい位置に変わっています。
turi-1203無題.jpg
irumi1201無題.jpg
irumi1202.jpg
irumi1204.jpg
(コミュニティ特派員 U)
総アクセス数

2019年1月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

nora on 花火鑑賞会: おんやまあ、花火大会
nora on 助け合える仲間: 巡礼については何も知
nora on 雨空を吹き飛ばした「ゆうゆう夏まつり」: 私は、急用でおまつり
のんちゃん on 夕日が綺麗でした...: とてもきれいに夕焼け
のらくろ on きまま倶楽部~押し花でしおりをつくろう~: 押し花のしおり!、遙
戸田 新七 on 堀田邸の秋色(紅葉)を訪ねて: コミュニテイーセンタ
on 不思議な植物: カエンタケの可能性は
のらくろ on 実りの秋: 完成したらご馳走にあ
入居者 N.S on 妻の三回忌: 想い出しましす。我が
芝山東小の者です。 on 芽が出ました: このたびは、本校が飛

月別 アーカイブ