年納めのお話は・・・

毎月恒例となった紙芝居。今回は「かさじぞう」と「金色夜叉・後編」。「かさじぞう」は正しい行いをする者は救われるというお話で「来年も良いことをしよう」と思ったり「子供の頃によく聞いたわね」と懐かしい思いをしたり・・・、感慨深いものがあります。kasazizou1218.png
貫一とお宮の「金色夜叉」は裏切られた男の恨み、裏切ってしまった女の身の後悔のお話ですがあまり深く考えず、読み手の一人二役の上手さで充分楽しませていただきました。

1208sibai無題.jpg
最後に「金色夜叉」の歌をみんなで合唱。楽しい時間でした。来年も楽しみにしていま~す。
(入居者H・H)

コメントする

総アクセス数

2018年12月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最近のコメント


月別 アーカイブ