Tさんの花便り~芒 ・ ススキ~ 10月8日 寒露

秋空に銀の穂を揺らす秋の七草 「ススキ」。 里や近隣地で、秋を詩っています。

1-1.jpg

「山は暮れ 野は黄昏の 薄かな」 (蕪村)

夕暮れ時、輝くススキに出会うと、なぜか寂しさにも似た郷愁が漂います。ススキの穂先が風になびいている風情こそが、 「秋」 だなぁ~と、感じます。

1-1-2.JPGのサムネール画像

秋の七草は、万葉集の歌人が歌に詠んだ花々ですが、古人は、ススキを 「尾花」 (おばな)一獣の尾に似ていることから一の名で呼んでいます。

1-5.JPGのサムネール画像

家畜の飼料や茅葺き屋根の材料など、古くから人々の暮らしに密着してきた山野の多年草。

1-6.JPGのサムネール画像

ススキの名は、すくすく立つ木 (草) を意味するとの由。

<入居者T.I>

コメントする

総アクセス数

2017年6月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

最近のコメント


月別 アーカイブ