Tさんの花便り=里の山野草―テンナンショウ・三兄弟 2016年4月16日

〇自然環境に恵まれた里内では 四季折々に様々な山野草と出会えます 今回は この季に

  スケッチした テンナンショウの仲間=浦島草・ウラシマソウ 武蔵鐙・ムサシアブミ  蝮草・マムシグ

  サ の三題を お届けします

0-0-1 里の山野草・三兄弟.jpgのサムネール画像

0-1-1 ウラシマソウ.jpgのサムネール画像

長く伸びた糸状の花茎をもった奇異な姿の多年草 つやのある葉を従者が差出す日傘のように

従えて 紫褐色の仏炎苞がある 

0-1-2 ウラシマソウ.jpgのサムネール画像

 花名の由来は その長い花茎を 「浦島太郎」 の釣り竿に見立てて 命名されたとの由 

0-2-1 ムサシアブミ.jpgのサムネール画像

例年 大樹・山モモの根元に 3月末~4月初旬頃に姿を現し 5月まで長く楽しめる山野草です

0-2-2 ムサシアブミ.jpgのサムネール画像

葉は3枚 大きな2枚の葉の間に仏炎苞をつける  この形を かっての 「武蔵の国」 で作られた

鐙・アブミ―馬具の一種―にたとえて その名が付けられ たとの由

0-3-2 マムシグサ.jpgのサムネール画像

山野の樹陰地に自生する不思議な姿の多年草 鳥足状の葉の間から伸びる仏炎苞 花はこの苞の

中で花茎が伸びて開花するという

0-3-1 マムシグサ.jpgのサムネール画像

 花名は 仏炎苞がマムシの姿に似ている また茎の模様が それに 似ているところから 名づけられた

との由 秋には 赤色に熟したトウモロコシ のような形状の果実を見ることができます

<入居者T.I>

コメントする

総アクセス数

2017年6月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

最近のコメント


月別 アーカイブ