Tさんの花便り 「 水 引 ・ みずひき = 金線草 = 金糸草 」

この季は 夏の終わりから10月にかけて 赤い小花を点々と無数につける 「水引・みずひき」 です

0-1.jpg

山野の林内・緑などに多い タデ科の多年草です 花穂・かすい‐は細長くて 硬い 高さは60~90センチ程 野生種は や々暗い場所を好むようですが 観賞用に庭園などにも植えられるとの由

0-2.jpg

花軸を上から見ると赤色に 下から見ると白く見えることから進物にかけられる 「水 引」 に見立てて

その名がつけられたとの由 また 長い花穂を水引にたとえたとの説もあり

0-3.jpg

別名は 「金線草・きんせんそう」 「金糸草・きんしそう」 で 赤色の花ですが 花全体が白い品種は

「銀水引・ぎんみずひき」 と呼ばれます

0-4.jpg

実の先が カギ状となっており 動物や人の衣服について 種子が遠くに運ばれていくという

 

水引の まとふべき風 貴船みち  木下 多爾

*花言葉‐「祝い」 「寿」 「祭礼」

<入居者T.I>

コメントする

総アクセス数

2017年6月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

最近のコメント


月別 アーカイブ