T・花便り 「一人静・ヒトリシズカ&二人静・フタリシズカ」 2017.4.20 穀 雨

今回は 山林の木陰などに ひっそりと咲く晩春の花 「ヒトリシズカとフタリシズカ」です

同属の花で 低山・林内の陰地に自生する センリョウ科の多年草です

(ヒトリシズカ)

0-3 .JPG0-4.JPG赤紫色の若葉の間に 直立した3センチ程の白色の花をつける 別名は 吉野静・ヨシノシズカで

筆のような花の形から 眉掃草・マユハキソウの名も

0-5 .JPG 草丈15~30センチ 茎の先に4枚の光沢ある葉に抱かれるように 小花を綴った花穂・カスイを

かかげる 白いブラシのような雄しべが多数つく

0-2 .JPG花名の由来に ひっそりと白い花を開く様子を 静御前が一人で舞う姿に見立てたものとの説も

(フタリシズカ)

0-8.JPG同属のヒトリシズカが一本の花穂を出すのに対して フタリシズカは 通常は2本 時に3~5本も

出すことがあり 白い細かな花を開く 別名は 早乙女花・サオトメバナです

0-7 .JPG 花は小さくて ヒトリシズカと同様に 花びらやガク片もない 裸の花です 花名は 二本の花穂を

静御前とその亡霊の舞い姿にたとえて 名づけられたとの由

0-6.JPG

二人静 いやがうへにも 雨ぐもり 木津 柳芽

0-1.JPG              花 言 葉 : ヒトリシズカ 「静謐 隠された美」

                      : フタリシズカ 「静御前の面影」

<入居者T.I>

コメントする

総アクセス数

2017年6月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

最近のコメント


月別 アーカイブ