T・花便り:「半 夏 生・ハンゲショウ」 2017年 葉月 7日・立 秋 残暑お見舞い申し上げます!

この季 細長い穂状に白い花を咲かせ 葉色の変化が楽しめる 「ハンゲショウ」 を お届けします  0-4.JPG葉の脇から長さ10~15センチくらいの花穂・カスイ・を出し 茎頂に小さな白い花を穂状

にたくさんつけます

花びらもガク片もない地味な花ですが 開花期に葉の一部が白く色変わりする草姿に魅かれて

カメラを葉に向けてショットしています 

0-1.JPG白い根茎を伸ばして群生し 草丈は60~100センチ程 花穂は 最初は垂れていますが

開花が進むにつれて立ち上がり 最盛期には 花穂がついた株の上部の2~3枚の葉の表面が

白くなり 花びらのように見えます 花穂が出ないと 葉は白くなりません また 花穂が出ても

すべての葉が白くなるわけではありません

0-2.JPG 葉の下半分が白くなるため 「半化粧」 と表記したり 「片白草」 と呼ばれることも

また 夏至から11日目頃の雑節の一つである "半夏生" あたりの日に 花が開くことから

「半夏生」 と名付けられたとの説は 有力

0-3.JPG 葉の一部が白くなるのは 虫媒花なので虫を誘うためとの由 花が終わると葉の色は

元の緑色に戻るそうです

水辺 湿地などに自生する多年草の 「ハンゲショウ」 は 栽培もされているようですが

レッドリストの絶滅危惧種に指定されており 貴重な植物となっています

<入居者T.I>

コメントする

総アクセス数

2017年8月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント


月別 アーカイブ