T ・ 花 便 り : 「彼 岸 花・ヒガンバナ」 2017年9月20日・秋彼岸

秋彼岸の里 この季は 赤・白・淡黄の彩りも鮮やかに花開く 「ヒガンバナ」 をお届けします

0-1 .JPG稲作の伝来と共に古く中国から渡来した ヒガンバナ科の多年草 秋の彼岸のころ 人里に赤色の

炎のような花が咲き乱れることから 彼岸花の名があるとも 別名は「曼殊沙華・マンジュシャゲ」

=梵語の天上に咲く 「赤い花」 の意=で 仏典・『法華経』 の中にある言葉との由

0-5 .JPG葉を出す前に突然花茎を伸ばして急に輪状に花開くので 「まず咲き」 とも また 彼岸花は

「リコリス」=ギリシャ神話に出てくる女神の意=と呼ばれ 古くから日本の詩歌や

映画の題名にも登場しています

0-6.JPG花後に細い葉が伸びて 翌年春には 全て枯れてしまう不思議な植物 花のあるときは葉がなくて

葉のときには花がないため 花と葉を同時に見ることができません また 結実もしないことから

種子はできませんが 地下の球根によって殖える変種との由

0-2.JPG 根に毒があり 寺院 墓地などに葉がないのに妖艶な花を咲かすので 死人花・幽霊花・捨て子花

など不吉な名で呼ばれ 日本ではあまり歓迎されないようですが けっして不快な花ではありません

欧米では園芸植物として育て愛される草花との由 おめでたい事が起こる兆しに咲く

「天上の赤花」 ですから

0-4.JPG水に晒して有害成分・リコリンを除いた鱗茎・リンケイは 多量のでんぷんを含んでいるため

かっては 農家・民家の飢餓時などの非常食材として利用されたとの由

また 漢方では 鱗茎を 「石蒜・セキサン」 といい 去痰・キョタン 催吐・サイト薬に使うそうです

0-3.JPG

つきぬけて 天上の紺 曼殊沙華 山口 誓子

花言葉 : 「情熱」 「独立」 「再会」

<入居者T.I>

コメントする

総アクセス数

2017年9月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近のコメント


月別 アーカイブ