伊豆高原と<里>の四季: 2010年8月アーカイブ

IMG_0277.JPG

 「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉がありますが、穂は実がたくさん入っている程重く、頭を垂れるもの。

人も、心の立派な人程、人前で謙虚に振る舞うものであるとの意味です。

成功している時こそ、謙虚に生きていきなさいという戒めを表現した口語でもあるようです。     

IMG_0275.JPG

 

  里の稲穂は、毎日二羽のカラスに狙われて、撃退法を色々と考えております。

「私が案山子になるよ!」<入居者O・K>なんて声もあります。  

何か良い方法があれば、教えて下さい。

収穫間近になって、ちょっとそわそわ...楽しみです。

          (生活サービス課 加納)

 

総アクセス数

2017年6月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

月別 アーカイブ