ささくれひとよだけ

ささくれひとよだけは漢字で『細々裂一夜茸』と書きます。

名前の由来は、ささくれていて、一夜で溶ける(実際は出てから1週間ほど)事から

その名がついたとの事。

ゆうゆうの里の遊歩道で最初真っ白い卵のようなキノコを見つけたので

仲間で継続して観察する事にしました。

 

DSCN0573.JPG

hitoyotake1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日後には、名前の通りささくれだった 傘が開いてきました。

hitoyodake3.jpg

DSCN0576.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに数日すると・傘のふちから黒く変色し、そしてドロドロの黒インクか

コールタールのように溶けて崩れて消えてしまいました。

DSCN0580.JPG

 

hitoyotake2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 入居者 SI MI KC

 

コメント(1)

とても珍しい「きのこ」ですね
楽しそうに皆さん観察されていたんでしょうね
珍しい物を見せていただいてありがとうございます。

コメントする

総アクセス数

2019年6月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

最近のコメント

風船ガム on ささくれひとよだけ: とても珍しい「きのこ

月別 アーカイブ