芍薬園の花続報(3種の花)

咲き始めの花は紅色だったが、次第に、純白色で八重の花が多くなりました。

①桃色で八重咲きのシャクヤク
花の中央は桃色で、花弁が外側になるにつれ白くなる。八重の豪華な花が3 輪ほど咲いていました。

桃色で八重咲き.JPG
②レモン色のシャクヤク
八重咲きの中央だけ赤色で、大部分の花弁は鮮やかなレモン色。花弁が外側になるにつれレモン色が薄くなっています。
中心の5個ほどの小さい瘤(こぶ、緑色で先が白い瘤)は、5本の雌しべと多数の雄しべのようです。レモン色の花はこの1輪だけでした。

レモン色.JPG③薄桃色で二重咲きのシャクヤク
二重咲きの外側の花びらは薄桃色で、内側は白色。
中心の3個の小さい瘤は雌しべで、それを沢山の黄色い雄しべが囲んでいます。この花も1輪だけでした。

薄桃色で二重咲き.JPG葉は、ツヤのある細長い3つの葉が集まっている二回三出複葉です。

芍薬園でスズメが砂浴びをしていました。 ここは、芝生の広い庭の中の貴重な砂場です。
スズメのみならず、我々も、 ここで、奇麗で珍しい花を楽しんでいます。
                                                                                          (入居者I・M)

コメント(1)

レモン色もあるんですね!綺麗に咲いている間に見に行きます。
その時は解説を意識して、じっくり見ます!

コメントする

総アクセス数

2020年6月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

月別 アーカイブ