神戸と〈里〉の四季: 2010年12月アーカイブ

daria 2.JPG摂氏2度の寒気にはかなわなかったようです。

 

来年の発芽を祈りながら

背の高い職員さんや

園芸友達に手伝って戴いて切り倒しました。

通りがかった方が曰く

「皇帝ダリアの枯れざまはよくありませんね・」

同感!

早速かたずけました。

daria 1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの蕾が残っています。残念!

P1020346.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

幹は樹木のように太いのでのこぎりで・

入居者 RN

趣味で日本画を描いています。 satonoaki 2.JPG

絵を描くときに必要なので

散歩に出かけ

良く写真を撮ります。

 

3号館4階からの眺めです。

里の秋を感じることが出来る

のでとても好きです。

 

 

satonoaki 3.JPG

遊歩道を散歩している時に見つけた

つわぶきの花です。

 

 

 

 

無題31.jpg

 

 

今描いている里の樹木です。

まだ途中なので恥ずかしいですけど・

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒマラヤ杉の松ボックリと風船かずらです。

季節のものを拾って玄関に飾るのが好きです。

 

無題2.JPG

 

 

 

 

 

 

風船かずらを題材にした作品も制作中です。

まだ色を塗っていませんが

どんな色を塗ろうかと考えるのが

とても楽しいです。

 

入居者 MA

 

ところで【ヒマラヤ杉】に【松ボックリ】が出来るのは何故でしょう?

興味が出てきたので調べてみました。

すると・クリスマスツリーでお馴染みのヒマラヤ杉は明治時代に日本に入ってきた時

形が杉に似ているので【杉】の名前がついたそうです。

実はヒマラヤ杉は松科の植物なので、球果は松ボックリに分類されます。

形はバラににているので別名シーダーローズとも言われるそうです。

生活サービス課 伊澤

 

 

 

総アクセス数

2019年6月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

月別 アーカイブ