嬉しい出来事: 2010年9月アーカイブ

20100812 kijian 8-4-4.jpg15年前 大阪の吹田でコーヒーの木の苗木をもらいました。最初は爪楊枝くらいの苗木でしたが今では天井まで大きく成長しました。

 入居者 H.K

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20100812 kijian 9-1-1-1.jpg最初は黄色い豆です。

 

 

 

 

 

 

 

20100812 kijian 9-2-2-2.jpg

 熟してくると黒くなります。

 

20100812 kijian 8-3-3.jpg

私は旅が好きです。1人で旅をすると面白い事に気が付きます。

韓国のKTX(韓国版新幹線)に乗ったときの出来事です。
車両は進行方向に向かって座る座席と、後ろ向きに座る座席とが
真ん中で仕切られていました。
後ろ向きの座席の背もたれを動かそうとしても動きません。
聞くところによると、後ろ向きの座席の料金は前向きの料金より
安いのだそうです。

それから、ソウル駅にも釜山駅にも改札口はなく、
チケットを購入すれば、市街地から直接ホームに行くことが可能でした。
おそらくKTXには指定席だけで自由席がないから、こういうことが
できるのかなと思いましたが定かではありません。

・・・とまぁこんな風に旅は私の好奇心をかき立てます。
これからも、ずっと旅を楽しむつもりです。
入居者M.H

20100812 kijian5.JPG

このパンフレットは友人が送ってきました
新米教師の私が昭和19年 朝来郡(あさご)中川村の寺に
集団疎開しました。6年と4年の児童と一緒に一年寝食を共にしたのです。
灰谷君は小柄に色黒でしたが快活で気転がききリーダーとして
よくやってくれました。夜の自由時間に日記を書き見せてくれましたが
文字が丁寧で美しく、私は◎をたくさんつけたことが心に残っています。
荷車を曳いて野菜を各部落へとりにいった帰り、橋げたに車輪がはまって
動けなくなりました。その時灰谷君が「荷物を下ろせ」と言いました。
降りつもる雪の上に大根をおろし全員で車を動かしました。
昭和20年に入るとコメの配給は減り、野菜も大根ばかり藁草履が
野菜のかわりのこともありました。3月17日の神戸空襲で学校も児童の
家も私の家も焼失しました。戦後貧困にもめげず自分の道を切り開き
死後もこのような展覧会を催される文学者になられた事を嬉しく思います。
雑炊をすする苦しい疎開生活も今は懐かしく思いだされます。
入居者 E.M 

20100812 kijian 14-1.jpg  

親株から別れたサボテンの子供たちがきれいな花を咲かせてくれました。    
親株はもう7年も栽培しています。    
入居者 H.K 
    
H.Kさん達 1号館5階の方々はいつもエレベーター前に素敵な花を飾ってくださいます。いつもありがとうございます。    
生活サービス課 伊澤

  20100812 kijian 8-2-2.jpg

絵を描くのが好きです。

私の部屋にはたくさんの作品を飾っています。

1995年1月17日 あの大地震にも耐えてくれた絵は皆無事でした。
今は亡き主人が取りつけてくれました。

この絵のモデルは妹です。

入居者 Y.K

20100728 kijian1-1.jpg

総アクセス数

2019年6月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

月別 アーカイブ