参加する楽しみ、つくる喜び: 2018年11月アーカイブ

今年も力作揃いの文化作品展も

いよいよ最終日をむかえました。

今年初出展されたNさん IMG_6114mini.jpg

「15~16年前から木彫り彫刻をしてて、手紙入れは2~3カ月、

鏡は1年がかりの作品なんだよ」

鏡は1枚板から枠を作り、彫刻をし、銅版もしての手の込んだ作品です。

鏡はお母様の形見。

ちょっとした仕掛けもあるこの鏡。とても思い入れのある作品だそうです。

IMG_6117mini.jpg

他の作品とはちょっと違うこちらの作品。外国の作品をヒントに作られて

「人形ほ作るのは難しかったなぁ」と

「このゆうゆうの里には工芸館があって、すごく活用させてもらってるよ」

と笑顔でおっしゃっていただきました。

次回作も期待して待っております IMG_6118mini.jpg

秋を感じる里で取れる"どんぐり"を使った作品のご紹介です。

IMG_3550low.jpg

「どんぐりをボンドつけるんだけど、細かいから一つ一つつけるのに神経を使ったけど完成すると達成感があったわ」(入居者:R・K)

IMG_3556low.jpg

「同じ大きさのどんぐりを探すのに苦労したわ。秋らしい素敵な写真たてでしょ」(入居者:Y・I)

IMG_3557low.jpg

「手先が器用じゃないので、皆さんの作業を見ながら作りました。上手くできているかしら」

(入居者:M・W)

神戸〈ゆうゆうの里〉がある神戸市北区は昨日より寒く、秋は通り越して一足早い冬を感じます。

そんな中、神戸〈ゆうゆうの里〉では本日より文化作品展を催しており、ご入居者手作りの心温まる作品が勢ぞろいです。

今回、ご夫婦で出展されているご入居者の作品のご紹介です。

IMG_3548low.jpg

「いやぁ~写真に撮ってもらうほどの作品じゃないよ、皆に見て頂いて喜んでもらえたら何よりです」

(入居者:M・Y)

  IMG_3549low.jpg

 作品を見たご入居者から

「サイズが合えば是非、売ってほしいわ」(入居者:E・S)

遅くなりましたが、先日ゆうゆうの里で10年余り「歴史講演会」としてこうべの歴史を深く読み解き

神戸〈ゆうゆうの里〉のご入居者、近隣住民の方に講演をしてくださいました豊田實先生が勇退

され

最後の講演会「建武の新政 ゆかりのある二人の武将 東の赤松円心 西の楠木正成を比較して」

を講話して頂きました。

IMG_5817low.jpg

IMG_5819low.jpg

IMG_5821low.jpg

最後は教師として現役時代の同志のU様から花束贈呈がありました。

戦時下を互いに生き抜き、戦後、子供達に「正しい教育」をと職務に励み、退職後も周りから

経験を語ってほしい依頼を受け、お二方共に快く引き受けてきました。

その後の豊田先生の経歴は素晴らしく、神戸市より「文化活動功労賞」受賞

兵庫県より「ともしび賞」受賞、内閣総理大臣より春の叙勲「瑞宝双光賞」受賞

豊田先生は「輝かしいものではないよ。苦労の積み重ねの賜物だよ」とおっしゃられていました。

「僕は土木の経験から数学や、退職前は養護教員をしていたけど、彼(豊田先生)は歴史を本当にこころから愛しているようだったね。神戸の知識について彼の右に出る者はいないかもよ」

(入居者:Y・U)

20181103143640447_0001low.jpg

20181103143800449_0001low.jpg

今回、豊田先生が二冊の本を自費出版されました。

豊田先生の講演会を聴講されたご入居者は1017名です。

この場をおかりして豊田先生、ありがとうございました。

神戸〈ゆうゆうの里〉職員一同

総アクセス数

2019年6月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

月別 アーカイブ