ゆうゆうコミュニティ神戸: 2011年12月アーカイブ

神戸市北区に今も残る茅葺きの家の見学に行ってきました。

RIMG0172.JPG

重要文化財の『箱木家住宅』は室町時代の建築と考えられています。

RIMG0166.JPG  

日本人の郷愁誘う、茅葺き民家は

心ひかれる思いがします。

入居者YU

 

1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並んで

3大流星群に数えられているのがふたご座流星群です。

1時間あたり20個から30個の流星が見ることが出来ます。

ryuusei.jpg

この写真は流れ星がスバルから下に向けて流れた瞬間の写真です。

職員宿舎の窓から撮影しました。

ゆうゆうの里は自然環境の良い立地に恵まれています

だからこそ夜の空が綺麗に見ることができるのだと思います。

皆さんもゆうゆうの里に来られた夜は是非、空を見上げて下さい。

ケアサービス課 井野

ザルツブルグ(乾いたもの)ゲビンデ(つなぐ)と言われ

ドイツ・オーストリアに18世紀中頃から伝わる手工芸です。

木の実、スパイス、パール、布花、ブリヨン(装飾用ワイヤー)

を組み合わせて伝統的な形に仕上げます。

 

P1030373.JPG P1030374.JPG

アンティーク調なのでお部屋や玄関の渋いアクセントになります。

だいたい1つの作品を作るのに約1カ月かかります。

P1030369.JPG

この時期クリスマスの飾りにぴったりです。

さてどこに飾ろうかなぁ。

 

湊のメリーゴーランド

たった一晩の寒さでkouteidaria2.JPG

皇帝ダリアが

こんな姿になってしまいました。

まだ沢山の蕾を残して!

来年も咲いてくれることを

祈りながら生活課の方に

手伝って頂いて切り倒してしまいました。

 

 

 

 

kouteidaria1.JPG

 

 

 

皆様、寒さにはくれぐれもご用心、ご自愛下さい。

 

入居者RN

不思議な形のベンチです。

どうしてこんな形をしているのでしょう??

keibasyou22.png

実は・・・・

阪神競馬場近くのベンチです。

keibajyou.png

馬蹄形のベンチはなかなか洒落ていて面白いです。

入居者YU

ささくれひとよだけは漢字で『細々裂一夜茸』と書きます。

名前の由来は、ささくれていて、一夜で溶ける(実際は出てから1週間ほど)事から

その名がついたとの事。

ゆうゆうの里の遊歩道で最初真っ白い卵のようなキノコを見つけたので

仲間で継続して観察する事にしました。

 

DSCN0573.JPG

hitoyotake1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日後には、名前の通りささくれだった 傘が開いてきました。

hitoyodake3.jpg

DSCN0576.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに数日すると・傘のふちから黒く変色し、そしてドロドロの黒インクか

コールタールのように溶けて崩れて消えてしまいました。

DSCN0580.JPG

 

hitoyotake2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 入居者 SI MI KC

 

総アクセス数

2019年6月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

月別 アーカイブ