伊豆高原と<里>の四季: 2015年11月アーカイブ

*秋が深まり、実が熟して紫色に美しく染まる 「紫式部」 (実) をお届けします。

0-1.jpgのサムネール画像

紫式部は花の名の傑作であるとは、某作家の言。実は花よりも果実のほうが美しいです。

和名は紫色の優美な実を、平安期の才媛 ・ 紫式部に、なぞらえて付けられたとの由。

別名は 「実紫」 ・みむらさきです。

0-2.jpgのサムネール画像

山野に自生する落葉低木・樹高2~3mで、開花期は6~7月です。淡紫色の小花が群がり咲きますが、目立って見ごたえのある花とはいえないです。

果実が非常に美しいので、観賞用として多く栽培されている樹木です。

*紫式部の  実のあまたなる  夕まぐれ    中村路子

0-3.jpgのサムネール画像

秋に光沢のある紫色の実が、柔らかな緑色の葉のつけ根になって、色の対比がとても鮮やかです。じっくりと、ご覧いただければと思います。

観賞用として、白い実の白式部 ・ シロシキブが栽培されており、黄色もあるようですが、里では見かけません。

自生の真っすぐで強い幹は、道具の柄や、つえなどに用いられるそうです。

*花言葉 : 「上品」 「聡明」

<入居者T.I>

この季、里の庭、花壇などで、彩り も鮮やかに咲き誇り、ひときは、辺りを明るく演出してくれる花木

「リトルエンジェル」の花をお届けします。

0-1.jpg

この花は、ブラジル原産の「紫紺野牡丹」・シコンノボタン(10月1日花便りで、ご照会)の園芸品種です。高さは1~3m程。葉は狭楕円形で、近くで見ると、葉脈が目立ちます。

0-2.jpgのサムネール画像

花期が 9月~ 12月ごろまでと長く、花色の変化する花々を、次々と咲かす彩木なので、まだまだ楽しめます。この花で有名な寝姿山・下田まで行かずとも、わが里でも、十分に ご覧いただけます。

0-4.jpg花の咲き始めは、中心部が白色で、外側が淡紫色、次第にピンク色になり、さらに赤紫色へと変化するという、特徴をもった花木です。

同時に花色の異なる花が、木全体に咲くことから、彩りが鮮やかで 「三色野牡丹」 という別名があります。

花言葉:「平静」

<入居者T.I>

2-0.jpg

今年も、早や霜月。正しく秋本番です。この時季、里の花壇などで、鮮やかに開花している

「シュウメイギク」をお届けします。

2-1.jpg

この花は、別名が貴船菊・キブネギク、秋牡丹などと呼ばれて、菊に似た花を開くことから

その名が付けられたようです。

2-1-2.jpg

花名に「キク」が付いていますが、菊の仲間ではなく、キンポウゲ科の多年草で、古く中国から来た

帰化植物との由。

2-2.jpgのサムネール画像

花茎の先に大柄で、見応えのある花をつける、可憐な秋の草花です。足を止めてご鑑賞いただければと思います。

花色は、白、ピンク、赤紫など多彩ですが、里では、純白の花を多く見かけます。

花言葉: 「忍耐」 「薄れゆく愛」

<入居者T.I>

総アクセス数

2017年6月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

月別 アーカイブ