伊豆高原と<里>の四季: 2016年10月アーカイブ

この季は 夏の終わりから10月にかけて 赤い小花を点々と無数につける 「水引・みずひき」 です

0-1.jpg

山野の林内・緑などに多い タデ科の多年草です 花穂・かすい‐は細長くて 硬い 高さは60~90センチ程 野生種は や々暗い場所を好むようですが 観賞用に庭園などにも植えられるとの由

0-2.jpg

花軸を上から見ると赤色に 下から見ると白く見えることから進物にかけられる 「水 引」 に見立てて

その名がつけられたとの由 また 長い花穂を水引にたとえたとの説もあり

0-3.jpg

別名は 「金線草・きんせんそう」 「金糸草・きんしそう」 で 赤色の花ですが 花全体が白い品種は

「銀水引・ぎんみずひき」 と呼ばれます

0-4.jpg

実の先が カギ状となっており 動物や人の衣服について 種子が遠くに運ばれていくという

 

水引の まとふべき風 貴船みち  木下 多爾

*花言葉‐「祝い」 「寿」 「祭礼」

<入居者T.I>

仲秋のころ さわやかな香り高い花木で  秋を彩る  里の 「金木犀・きんもくせい」 をお届けいたします

0-1.jpgのサムネール画像

「木犀・もくせい」 は 中国から渡来した モクセイ科の常緑小高木です

花の香りがいいので 古くから庭木として 広く植えられているという

里では 今 あちらこちらから 「きんもくせい」 の甘い香りが漂よってきて 秋も深まりゆく感じがします

0-2.jpgのサムネール画像

花は地味で 目立ちませんが 星形で可愛らしく 葉が密に茂るなか 小花が多数束生して咲きます

黄色の花が 「きんもくせい」 で 白花を付けるのが 「銀木犀・ぎんもくせい」 と呼ばれますが 里では

みかけません 花持ちは3~4日程度と短く 儚い感じもしますが...

0-3.jpgのサムネール画像

花名の由来は 幹の肌の模様が 犀・さい という動物の皮に似ているところから 命名されたとの由

別名は 「木犀の花」 「桂・かつら の花」 とも呼ばれ 雌雄異株で 日本には花つきのいい雄木ばかり

であることから 結実はしないとの由

0-4.jpgのサムネール画像

この花木は 非常に緻密で堅く そろばんの珠や印鑑の材・家具などに用いられるようです

 

行くすぎて 金木犀は 風の花  木村 敏男

金木犀 ふりむく季節 来てをりぬ  森川 光郎

*花言葉-「謙虚」 「真実」 「初恋」

<入居者T.I>

総アクセス数

2017年6月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

月別 アーカイブ