大正時代の皇族びな

私の母が大正5年に日本橋の

三越呉服店(現在の三越百貨店)で

購入した皇族びなを、昭和30年に

嫁入り道具として譲り受けました。

人形は天皇や皇后、皇族、皇太子

など、全部で15体で、いずれも

2~3㎝の大きさです。

大正時代初期に天皇の御大典を

祝って作られたそうです・・・

 

 

 

 

 

 

IMG_8346.JPG

稲取でつるし雛を購入し、

一緒に部屋に飾ってあります。

【 入居者 M.O 】

 

 

 

1体が2センチほどの大きさ

顔の大きさはだいた5ミリ程度です

その顔にちゃんときめ細かい

表情が1体づつ描かれています!

これぞ職人のなせる『技』!

ただただ感心するばかりです・・・

【 コミュニティー 大塚 】

 

 

 

コメントする

総アクセス数

2015年8月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最近のコメント