里の焼き芋屋さん

dc031358.jpg毎冬の里の風物詩

里の焼き芋屋さん

12月から3月の毎月1回

職員が中庭で焼き芋を焼いて

販売してくれます

これが なかなか甘くて美味い!

美味さの秘訣を探りに

芋を焼いている現場に

カメラを持って行ってみました

職員はドラム缶を加工した焼き芋専用の機器を使って 中庭で朝から芋を焼いています

今日は約150本もの芋を焼いたとか・・・

炭火でじっくり50分から60分ほど ゆっくりゆっくり時間をかけて焼いていると

耳を澄まして聴いていると 芋の方から 「プシュー シュー」と

『もう美味しいよ~ 食べごろだよ~ これ以上焼くと焦げちゃうよ~』

と教えてくれるそうです

なるほど 手間暇かかった焼き芋は 美味しいわけです

【 入居者 T.I 】

 

コメントする

総アクセス数

2015年8月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最近のコメント