一輪の桜

「桜切るバカ、梅切らぬバカ」と、言われますが、今年の1月から、湯河原ゆうゆうの里では6年ぶり 

の桜の剪定が始まりました。

これには深いわけがあって、剪定をすることで木や花の成長に必要なことだそうです。

今年は桜が見れないのが寂しいので、枝を一本いただき、家で水につけて育ててみることにしまし

た。

すると!嬉しいことに花が咲いたではありませんか。植物が生きているなと実感した瞬間でした。

主人と喜びを分かち合い嬉しくて職員さんにお伝えしました。

どうぞ皆さんもご覧ください。

久郷様ブログ加工.png

久郷様ブログ加工2.png

【入居者K・K】

 

 

コメントする

総アクセス数

2019年7月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

最近のコメント


月別 アーカイブ