わたしのオススメ図書! 第2弾

職員の私も図書コーナーにあるオススメ図書紹介があるので投稿します!

私のオススメは畠中恵の「しゃばけ」シリーズ。

「しゃばけ」ってどんな意味か知ってますか?

 

「現生に執着する心」という意味なんです。

 

えっ、それって・・・ なんか怖そうな小説なの?と思われるかもしれません。

いえいえ畠中恵の「しゃばけ」は、そんなおどろおどろした小説ではありません。

 

時は江戸、日本橋の大店、廻船問屋の病弱な若旦那と若旦那を慕う個性豊かな妖怪たちが、街中で起こる事件を解決していくミステリー小説です。

 

少し、妖怪たちを紹介しましょう。

やなり:若旦那の袖に入り甘いお菓子をねだる小鬼

屏風のぞき:若旦那の部屋の屏風が化した付喪神

鈴彦姫:湯島聖堂近くのお稲荷様に仕えてる鈴の付喪神

 

他にも回を重ねるごとにユニークな妖怪たちが登場します。

 

1話完結なところも読みやすさの一つ!

テンポよく読めますので、気がつけばあっという間に読めてしまう1冊です。

 

ところで、どうして妖怪たちが協力してくれるのでしょうか?!

それは、読んでのお楽しみ!!

 

しゃばけ20200303.jpg

 

【 職員 江川 】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

総アクセス数

2020年3月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

最近のコメント


月別 アーカイブ