神話と伝説の世界に浸れる ハイキングコース を歩きました

100615TK①.JPG春、秋に開催される 里恒例の「ハイキング」。

今回は「山の辺の道」が計画されました。

「山の辺の道」といえば、奈良盆地の東に連

なる、美しい青垣の山裾を縫うように続く道

です。「日本書紀」にその名がみえます。

一度は歩いてみたいと思っていたので、

100615TK②.JPG加しました。

JRで奈良線と「万葉まほろば線」を利用。

約16kmを2回に分けて歩きました。

①5/28(金)天理~柳本

②6/11(金)柳本~三輪

 

 

100615TK③.JPG

 

 

 

 

 

100615TK④.JPG

 

 

 

 

 

 ハイキングコースの古道は、ときに山あいの山道となり、ときに田園の中をゆく、

のどかな野道となり、柿や、みかんの樹々越しに盆地の景色が開け、遠く

「二上山」が浮かび、思いのほかからりと明るく、飽きることがありません。

踏みしめる道のそこここに、古社寺、古墳、万葉等の歌碑、多彩な伝承の舞台

などが展開し、知らぬ間に、歩く者を古代の幻想の世界へと、誘ってくれます。

道中、「つみたてイチゴ」や「湧き水」を賞味し、新しい発見や体験も重ね、楽しく、

のどかなハイキングが出来ました。

ありがとうございました。次回を楽しみに。

 

 2010-6-13 記 TK

コメントする

総アクセス数

2019年2月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

最近のコメント

月別 アーカイブ