白く細長い栗の花

 栗の実(いがぐり)の花が、白く細長い とは?

その ナゾ が解けました。

日課のウォーキング途中、道端の栗の木に、白い小花をつけた

緑の小さなイガグリを発見。

見本材料として頂き、帰途、お会いした方々に尋ねてみましたが、

詳細は不明のまま。

宇治植物園へ行き、相談し、疑問が解けました。

 

100706TK①.JPG「ニホングリは、葉に多数の平行葉

脈があり、花は雌雄同株。

通常、直生円筒状の尾状花序:長さ

15cm、雄花は、白黄色で基部に白

色の雌花をつける。

雌花は、有刺の苞(みどり色)に

ける。

100706TK②.JPG殻果は大きく、いが中に包まれ、

褐色、殻は革質、頂部に大きな座が

ある。」

さらに、雄花は、香りがきついが、そ

の香りに虫が集まり、交配する、との

と。

 

100706TK③.JPG注記

1 花序:花軸につく花の並び方

2  苞 :植物の芽やつぼみを包み

      保護する、葉の変形物

3 雄花は、白黄色の期間

  5/中~6/中

  6/下には、茶色から濃茶色と

  なり落花

 

2010-7-5 記 TK

コメントする

総アクセス数

2019年2月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

最近のコメント

月別 アーカイブ