永田農法で育てたサトイモ

「永田農法(ながたのうほう)」とは永田照喜治(1926年―)創始した農法で、出来

るだけ少ない肥料と水で育て、野菜本来の育つ力を最大限に引き出す「断食農

法」、「スパルタ農法」と呼ばれる農法です。

作業はいたってシンプル;

①畑を耕す

②ケイ酸カルシウム(石灰よりも効果が長く続い)を撒く 

③「住友液肥」を水で薄めて撒く④後は週1回③を繰り返す

肥えた土地は要りません、ふかふかも土も要りません。小石くらいはそのままでO

K.その他、植え付け前の処理方法とか、少しの決まり事はありますが、初心者に

も誰にでもできます。その永田農法で収穫したのがこのサトイモとショウガです。

                ( 入居者 S.S )  

2011.12.1農園1.JPG 

20111201農園2.JPG20111201農園3.JPG

 

 

 

 

20111201農園4.JPG

 

収穫時、茶畑の一坪農園にお邪魔しました。ご夫婦仲良

く作業されていました。初めて聞いた「永田農法」です

が、とても立派に成長したサトイモとショウガでした。これ

からもがんばって色んな野菜を育てて下さい。

( コミュニティサービス 浅井 )

 

 

   

コメントする

総アクセス数

2019年2月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

最近のコメント

月別 アーカイブ