茶摘みに参加して

20120603茶摘み1.JPG茶摘みや茶作りをかねてより一度体験してみたいと思っていました。そして この春、里に入居したお陰で早速この企画に恵まれました。

 

枝先の極やわらかい若葉だけひとつひとつ手で摘み取るのはなかなか楽しい。でもこれを長時間続けるとなると随分重労働であろうと思った。

 

小学唱歌の「茶摘み歌」からは、明るく楽しい風物詩だ位に思っていた私には以外であった。丘陵全体のお茶摘みとなると、全部人手による昔では大変な作業であったと思う。だから茜だすきの装束や楽しい歌声と共に鼓舞して働いてきたのだろうと、そんなふうに改めて感じた。

 

20120603茶摘み2'.JPG

 

午後収穫した葉を自分達で飲めるようにお茶にするためにかなりの時間をかけることとなる。分厚い麻布の上で手が疲れるほど擦ったり、手揉みし、ようやく粘りが出るようになると仄かな香りが漂ってきた。その後ホットプレート上で焦がさないように煎るように乾燥させて、初めて完了。

                                              

20120603茶摘み2.JPG

手数をかけて頂いたお茶は本当にほっこりと素朴で味わい深いものであった。

今の時代は色々工夫を加えられ、洗練されたお茶などに慣れてきている。でも古来の緑茶と言うものはこんな風だったのではと思う。お茶を頂きながら 気持ち豊かなひとときを過させて頂いた。

                                              ( 入居者 S.H )

 

コメントする

総アクセス数

2019年2月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

最近のコメント

月別 アーカイブ