見えた!二重逆さ虹

 二重逆さ虹①.jpg

 5月22日、詩吟サークルのメンバーであるTさんが、サークルの用事の為、

CCカウンターに赴き、何気なく西の空を見上げたところ、先日テレビで予告して

いた逆さ虹が見えた。

急いで取って返したTさんは、サークルの皆さんに知らせ、メンバーの一人が

カメラを取りに戻り、居室前から撮影したのがこの風景です。

「二重逆さ虹」と勝手に名づけていますが、上方にかすかに見える小さい方の

虹は、実は太陽を取り巻く虹のリングの一部です。

肉眼では、このリングの方がはるかに美しく見えました。

二重逆さ虹②.jpg  ウィキペディアによると俗にいう逆さ虹

正式には環天頂アークというらし

「環天頂弧(かんてんちょうこ)、天頂環

(てんちょうかん)、天頂弧(てんちょうこ)

などとも呼ばれ、またその形状が地平線

に向かって凸型の虹に見えることから、

俗に逆さ虹(さかさにじ)ともいう。環天

頂アークは天頂を中心とする円の一部を

なし、太陽のちょうど上方を中心とする弧

で、太陽側が赤色、反対側が紫となって

いる」のだそうです。

 難しいことはもとより、逆さ虹という言葉すら知らずに過ごしてきた、80余年の

人生で初めての経験をしましたが、ここまで長生きをさせていただいたお蔭と、

とりあえ「二重逆さ虹」とそれを齎してくれた太陽・大自然に対し感謝の気持

ちが沸いてきた瞬間でした。

 入居者N.M

コメントする

総アクセス数

2019年2月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

最近のコメント

月別 アーカイブ