アンデスの山々が浮かぶ

フォルクローレ1.jpg6月に入り、「フォルクローレ コンサート」がありました。過去、里の企画で南米の民族楽器の演奏は初めてでしたので、是非聴きたく出かけました。演奏者はペルー出身でワイラ(風)ジャパンの代表のグットベン・ゴンサ氏、17年前から沖縄を始め日本全国を回り演奏しているとの事でした。(ネット検索すると、5/29大阪、5/30兵庫、5/31名古屋、6/7姫路とあり、その忙しさに驚きました)

 

フォルクローレ2.jpg演奏は数種類のケーナとサンポーニャ、それに太鼓(ボンボ)を巧みに使い、その音色はさすがにプロ、演奏を聴きながら目をつぶると、アンデスの山々の景色が浮かんで来ます。曲目はゴンサ氏の作曲が主でしたが、『コンドルは飛んで行く』では皆さんと一緒に手を叩き、九ちゃんの『見上げてごらん夜の星を』を全員で歌いました。特にアンコールの『カノン』は素晴らしかったです。

フォルクローレ3.jpgゴンサ氏は日本語が上手く、曲間にインカ帝国時代の世界遺産マチュピチュの事、地震が多い事、ケチュア語等ユ―モアを交えて語り、楽器の説明でも大きいケーナは?と質問し「ママケーナ」、小さいのは?「アンターラ」(あんた等)です、と楽しませてくれました。演奏終了後に、ゴンサ氏から、今、原住民の子供達は貧しく学校にも行けない状態で、そのチャリティ活動をしており、子供達が作った小さなサンポーニャをお配りします、との説明があり、皆さんに直接渡しながら親しく会話されたり、一緒に写真を写したり、和やかな雰囲気のコンサートでした。最後に関係者の皆さま大変御苦労さま、感謝します。 

                                      (  入居者C.N  )

コメントする

総アクセス数

2019年2月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

最近のコメント

月別 アーカイブ