カラスウリの花

梅雨がまだ終わっていない日の宵の口、「珍しい花が咲くので、お出でなさいな」5号棟の、親しくしている方からお電話をいただいた。聞けば、夕方から咲き始めて翌朝には萎んでしまうらしい。

「月下美人ですか?」 なんとかの一つ覚えで訊いてみた。

「いいえ、烏瓜の花よ」

「カラスウリ?実は知っているけど、花も咲くのですか」

「実は赤いけど花は白で、レースの飾りのように広がっているの」

取りあえずカメラを手に、通りがかりの人もお誘いして、伺ってみた。暮れなずむ夕景の一角に、確かに真っ白なレース飾りのような、花があった。 烏瓜1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃、見るからにおいしそうなカラス瓜の実を手に取って、「それは食べられないよ!苦い苦いよ」と祖母からきつい声で咎められた記憶とは、まるで繋がらない、幻想的で清楚な印象の花だった。あとで訊いてみると、結構多くの人が、この花を見たことがあるという。

烏瓜2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

80年余り生きてきて、ああ、まだまだ知らないことがいっぱいあるのだなあ、と珍しいものを見せていただいた5号棟の方に感謝しつつ、妙なところで感心させられた。

     (  入居者M.N  )

                                               

コメントする

総アクセス数

2019年2月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

最近のコメント

月別 アーカイブ