短歌随筆集からのご紹介

昨年9月に、入居者Y.M様が出版されました短歌随筆集より、夏の短歌とエピソードをご紹介します。里の風景写真は、前回と同じく入居者M.N様の撮影です。

夏の使者.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深更の満月愛でしその一瞬(とき)に 文月去りて葉月となりぬ 

闇に閉ざされた里の真夜中は、私の大好きな風景です。午前零時になりました。

 

夏到来.jpg

                                                            

幾度か訪ねし墓地の東山 

                             風立つころの蜩の声 

 

お盆を控えた8月上旬、亡妻のお墓参りに東山浄苑を訪ねました。山は既に秋の気配を漂わせ、カナカナカナと山彦の様に蜩の声が聞こえていました。   

7月の夕陽.jpg            山の端にかかる火の玉日輪に 三十八度を超えた名残りが 

八月も下旬のある日、記録的な猛暑が全国を襲いました。里の高みからのぞむ夕日は、まるで火の玉です。 

                                      

                                                                              ( コミュニティー担当 )

コメントする

総アクセス数

2019年2月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

最近のコメント

月別 アーカイブ