「日々平安」の花が咲いた

2017614日々平安の花.jpg カフェテリア白川に いつも 置いてある観音竹の一本に、花がつきました。

古来、竹の花は縁起が良くないと言われていまが、観音竹は竹と言っても、ヤシの仲間(ヤシ科 カンノンチク属

ですので、迷信とは関係ないのではと思います。

竹は開花とともに寿命を終えるそうですが、観音竹は開花しても枯れないことは、その証しではないでしょうか。

いずれにしても、観音竹の花は20年~30年に一度しか咲かない、稀にみる現象とのこと

 

花言葉は「日々平安」とか、正に日々そうあれかしと願う入居者の願いと、

折しも設立20周年を迎える京都施設を祝福するかのような、象徴的な開花でした。

 

・観音竹カンノンチク

名前にチク(竹)がつくが、タケはイネ科であり本種はタケの仲間ではな

シ科に属する。

カンノンチク 観音竹、Rhapis excelsa 原産地は中国南部。

名リュウキュウシュロチク。

古典園芸植物として多くの品種がある。

(出展・Wikipedia

 

( 入居者M.N )

 

コメントする

総アクセス数

2019年2月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

最近のコメント

月別 アーカイブ