嵯峨鳥居本での「いけばな街道」に参加

20180901嵯峨鳥居本いけばな街道.jpg月23日~25日まで嵯峨鳥居本で

行われた「愛宕古道街道灯し2018」

の会場や街道において、NPO法人

フラワーサイコロジー協会主催の

「いけばな街道」が行われました。

そのコンセプトは、

~Soulful Ikebana 人々と社会を

いけばなでつなげる~

化野念仏寺近くの街道約1.5キロを

約800基の行灯が並びます。その行灯と

共に日頃「いけばな療法」に取り組まれて

いる高齢者施設など20余り、約260名の

方のいけばながならびました。京都〈ゆう

ゆうの里〉からも、30名の方が参加され

ました。

地元の方は勿論、多くの観光客からライトに

照らされ浮かび上がる「いけばな」に多くの

賞賛の声が聞かれました。

(ケアサービス課 長谷川 一恵、

いけばな療法担当 浅井 清美)

 

最初お話を聞いて「とてもいいことだな」と

思いました。そして「どんな感じになるの

かな」と想像しながらいけました。

後日写真を見て、ライトに照らされとても綺麗

だったので、現地に行って観たかったです。

いけばなは一番の楽しみです。

(入居者S.F)

 

 

 

 

皆さんに喜んでもらってうれしいですね。

(入居者Y.H)

コメントする

総アクセス数

2019年2月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

最近のコメント

月別 アーカイブ