里の楽しいひな祭り ♢ お内裏様とお雛様 ♢

20190303倉光氏④.jpgひな祭りは女の子のお祭りで、童謡でもよく歌われています。

懐かしのメロディーですね。

その一つに「うれしいひな祭り」(サトウハチロー作詞)があります。

「♪あかりをつけましょぼんぼりに...」で始まる歌です。  その2番。

「お内裏様(だいりさま)と おひな様 二人ならんで すまし顔...」

と続きます。

ハイ、ここでまた問題です。「お内裏様」と「お雛様」とは具体的に

どの人形を指すのでしょうか?

20190303倉光氏⑤.jpg実はこの問題、最近のNHKの人気番組「チコちゃんに叱られる」

に出てきた問題なのです。 さあ、おわかりですか?

番組では回答者が、「お内裏様」が男雛、「お雛様」が女雛と答えて

いました。

次に「二人並んで...」と出てきますから、これでよさそうに思います。

でも、5歳のチコちゃんに「ボーっと生きてんじゃないよ!」と

叱られていました。

20190303倉光氏⑥.jpg正式には、「お内裏様」は男雛女雛を合わせて言い、「お雛様」は

飾ってある人形全体を言うのだそうです。

この解答には、もう一つの童謡「ひなまつり」(林柳波作詞)が参考に

なります。

「♪ 赤いもうせん しきつめて おだいりさまは 上のだん きんの

びょうぶに ぎんのだい」。

「お内裏様は上の段」というのだからお二人でおかしくない。

20190303倉光氏⑦.jpgでは、なぜこんな間違いが起こったのか。

理由は簡単明瞭。作詞者サトウハチローの勘違いなのだそうです。

彼はそう思い込んで作詞し、誰もその間違いに気が付かないまま

子供たちに人気の歌となった。あとで気が付いた時には、もう手遅れ

だったわけです。

息子さんの証言によれば、家でこの歌のレコードをかけたり、家の前を

この歌をうたいながら子供たちが通ると、ハチローさんの機嫌が

悪くなったとか。

でも、いまでも子供たちにひな祭りの人気があるのは、お人形や

ご馳走の他に、この童謡のお蔭があるような気がします。

( 入居者M.K )

コメントする

総アクセス数

2019年6月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

最近のコメント

月別 アーカイブ